MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

そんなにベビーカーはお嫌いですか? -「電車内のベビーカー、ウザッ」と言う前に-

先日、久しぶりに途方に暮れている母子を目撃した。とある駅舎の階段上でのことである。

この駅、改札は2階にあり、駅の入り口とホームは1階にある。駅入り口から改札、ホームから改札に至るエスカレーターの「上り」のみはもれなく設置してあるものの「下り」は無い。エレベーターはどこにも存在しない。

何の因果かこのレアな駅を初めて訪れたと思しき母子。真新しいベビーカーに、まだ首が据わっていない小さな赤ちゃんを乗せた、荷物の多いお母さんは、キョロキョロと辺りを見回したり、赤ちゃんを覗き込んだり、携帯電話をなんとなくいじったりしながら、いかにも困っている。

周囲を行きかう人の流れは途切れなかった。つまり人々はせわしなく、途方に暮れた母子を素通りして軽やかに階段を下りていくのみだった。彼女らはあたかも、そのすぐ脇に設置されている担架とAEDであるかのように無視されている。せわしない人々の目には文字通り見えて無いのだろう、悪意は無いのだろう。たぶん。・・・続きを読む

「イクメン」ブームに続き、家庭を重視しながら仕事をする「スマジョ」が増えている

子育てに積極的にかかわり、ワークライフバランスに取り組む「イクメン」が、社会的認知を高めてすでに久しい。そしてその対義語ともいえる女性のライフスタイルとして、「スマジョ」が増えているという。

先週公表された、ソフトブレーン・フィールド株式会社が同社の既婚女性会員580名を対象に実施した「女性の働き方に関する実態調査I」によると、仕事を選ぶ上で大切にしていることは、「家庭に悪影響がでないこと」(72%)、「働く時間が調整できること」(68%)であり、「仕事内容が自分にあっていること」(62%)、「これまでの経験が活かせること」(17%)「収入が高いこと」(7%)以上に、自分の家庭や生活スタイルを重視しながら働きたい意識が高いということがわかった。・・・続きを読む

育児記録アプリで“ログる”ママが急増中

スマートフォンのシェア増加とともに、育児記録アプリがぞくぞくとリリースされている。かつてブログブームが起きたときに育児日記をブログでつけるママが急増したが、子どもの顔を不特定多数にさらしたくないママにとっては何かと不都合であった。
image

その点、アプリであれば端末内で完結することができるし、なによりスマートフォンならタッチするだけでタイムスタンプとともに簡単にログを残せるから、手軽に子育て記録を付けたいママたちに人気となっているようだ。・・・続きを読む

ダイソンの羽根なし扇風機がファンヒーターに!子育て世帯待望の暖房器具か?

ダイソンは、「Dyson Hot + Cool(ダイソン ホットアンドクール)AM04ファンヒーター」を2011年10月20日より、全国家電量販店を中心とした小売店で発売を開始する(※オンラインストアでは9月15日より発売開始)。羽根がない扇風機として大いに話題となった、同社独自の「エアマルチプライアー」のテクノロジーを進化させ、暖気をより遠くまで送り届けてすばやく部屋を暖めることを可能とした。
dyson_hot_cool
・・・続きを読む

「子どもへの投資は3倍になって社会に戻ってくる」小宮山洋子厚労相は子育て世代の味方か?

9月に新たに発足した野田内閣の厚生労働大臣に就任した小宮山洋子氏。たばこ1箱700円発言で注目を集めた格好になったが、もともとは「子ども手当」法案そのものを推進してきた生みの親である。そのほか「DV防止法」「児童虐待防止法」「児童買春・児童ポルノ禁止法」の法案にも関わっており、女性・家族問題の政策通としても知られている。

ただ、民主党が政権交代の目玉のひとつとして挙げていた「子ども手当」は、この10月から来年3月までの特別措置として、3歳未満/小学生の第3子以降の支給額が月額15,000円に、3歳から小学生の第1・2子/中学生の支給額が月額10,000円に変更となり、小宮山氏も自身のホームページで「子ども手当を月額2万6千円とした約束を変えることは、お詫びをします」と述べている。

そのほか小宮山氏は、約5万人近くいる待機児童問題解決策としてはもちろん、就学前の子どもに幼稚園と保育園の垣根なく質の良い教育・保育を提供する上でも期待できる「幼保一体化」の推進役でもあり、今後、大臣としてどのような子育て関連政策を推進してくれるのかが気になるところだ。・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク