MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

鬼ごっこで鍛える現代っ子の体

体育の授業で鬼ごっこ

ベネッセ次世代育成研究所が発表した調査結果によると、幼児(4~6歳)で鬼ごっこや缶けりをよくするのは35%にとどまっており、福岡県が10年前に公園と小中学校の校庭計150カ所で専門調査員による観察調査をしたところ、鬼ごっこをしていたのはわずか2.5%だったという。10年前でこの結果では、現在では皆無に近いのであろうか。

3

大人なら誰しもやったことのある「鬼ごっこ」が現代っ子の体を作るのに最適なプログラムとして見直されている。誰でも参加でき、夢中になることができて全身運動になるとのことで、大学教授のお墨付きなのだ。学校の授業や運動会で鬼ごっこを取り入れる学校もある。・・・続きを読む

東京ミッドタウンの写真スタジオが人気を集めるワケ

六本木の東京ミッドタウンに、昨年の秋からオープンした写真スタジオがにわかに注目を集めている。写真スタジオ「hollyhock(=ホリーホック)」。ベビー&キッズ撮影にはとくに定評があり、ありきたりの写真スタジオチェーンでは物足りず、ちまたの写真館だと満足できない、という近隣の港区・渋谷区エリア在住のファッションに敏感なママたちの間でクチコミで広まっているという。

実はこちらの「ホリーホック」は、年間300本以上のCMを制作する大手映像制作会社が手掛ける写真スタジオ。それだけにひとつひとつの写真に対するサービスや仕上がりのクオリティには、従来の写真スタジオ以上のこだわりをもっている。

kidsdrawing
・・・続きを読む

自然体験豊かな親は子の自立心を育てる

勉強が得意との回答も多数

独立行政法人・国立青少年教育振興機構は7日、「青少年の体験活動等と自立に関する実態調査」を発表した。

報告書によると、満天の星空を見上げたり虫を追い掛け回すといった自然体験を多くさせる親は子どもの自立心を育てる事ができる傾向があるとの結果となった。自然と触れ合うことによる好影響が世代を超えて伝わることが初めて示されたとされた。

1
・・・続きを読む

「もっとゲームをしなさい!」創造力を豊かにするかも!

ゲームっ子でもいいのよ。


ミシガン州立大学がとったテストでは、ゲームをよくする子の方が創造力が豊かだという結果が打ち出されたと、女性向け脱力ライフ提案サイト「Pouch」で紹介されている。「ゲームばっかりして!」と怒る時代はもう終わろうとしているのかもしれない。

記事によれば、ミシガン州立大学が12歳の子ども491人にしたテストはTorrance Testといい、与えられた図形から絵を描き、タイトルをつけ、ストーリを作るという創造性を調べるテストだという。
176053a9a8e14f95a33375a11d8c4918
・・・続きを読む

クリスマスプレゼントTOP20をトイザらスが発表

日本トイザらスが、クリスマスプレゼントにおすすめすの玩具TOP20を発表した。

「男の子向け玩具」「女の子向け玩具」「知育玩具・ファミリー向け玩具」「ビデオゲーム」「スポーツ玩具」の5つのカテゴリーにわけられており、ここでは「男の子向け玩具」「女の子向け玩具」「知育玩具・ファミリー向け玩具」をご紹介したい。

男の子向け玩具


カーズ カーズ・トミカ コースに変身!マックィーンカーズ カーズ・トミカ コースに変身!マックィーン
カーズ カーズ・トミカ 基地に変身!メーター
タカラトミー(2011-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

海賊戦隊ゴーカイジャー レンジャーキーシリーズ DXゴーカイガレオンバスター海賊戦隊ゴーカイジャー レンジャーキーシリーズ DXゴーカイガレオンバスター
バンダイ(2011-10-08)
販売元:Amazon.co.jp
・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi