MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

歯磨き嫌いな子どもニコニコ! 楽しく歯磨きができるお役立ちグッズ

IMG_0018

歯の健康を保つためにも、子どもの歯磨きはしっかりさせたい。でも、いざ歯磨きの時間になると、子どもの「イヤイヤ」に手を焼く事も多いのでは?
こんなとき、怖い顔で「歯磨きしなさい!」と叱ってしまうと、子どもがますます歯磨き嫌いになってしまいます。そこで子どもが進んで歯磨きできるようになるためのアイデアを紹介します!・・・続きを読む

新生児からヨコだっこで使える腰ベルトつき子守帯『ラキュピット』

コンビでは、新生児からヨコだっこで使える、腰ベルトつき子守帯「ラキュピットファースト」を、2011年12月中旬より発売する。

「ラキュピットファースト」は、新生児をやさしく抱っこするためのフィットボードを標準装備し、赤ちゃんの頭をしっかり包みこむ立体ヘッドガードで、慣れない新生児の抱っこも安心してできるのが特徴。同社によると、新生児からヨコだっこで使える腰ベルトつき子守帯は日本初とのこと。

LaQpit
・・・続きを読む

ベッタ哺乳びんクリスマス限定バージョン発売!

ドクターベッタの哺乳びんからクリスマス限定バージョンが発売される。2011年11月1日(火)から27日(日)期間に、ベッタベビーストアとアカチャンホンポ全店で、1,000本限定での販売となる。価格は3,380円(税込)。
bettaxmas
・・・続きを読む

“子蟻”“子梨”…逆の立場に対し想像をめぐらす余地はあるか

「子どものいない貴女に何が分かる」「育児なめないでください」……忘れられないメールがある。送り主は、匿名「三児の母」だった。

今の仕事を始めた頃のことだから、もう10年以上前になる。筆者の本業はよろず住宅関係の記事広告説明文コラム等のライティングで、当時とある媒体に「子どものいる家庭向け」のお掃除指南を書いた直後だった。

文章というものはなかなか難しい。長い文中の、たったワンセンテンスでも、気になりだすとそこだけ浮き上がって読める。隠れた意図、悪意……? その時、筆者の書いた何の変哲もない(と書き手は無自覚だった)掃除記事には、件の「三児の母」と匿名したメール主の母たる存在価値を貶める文意があったらしかった。
wakaranai

・・・続きを読む

あのオモチャでヨガができるようになる?「ロディ」を使ってキッズヨガ!

イタリア生まれの乗用玩具「ロディ」を使った親子ヨガ。発達中の子供たちの体をロディがやさしくサポートしながら運動神経、バランス感覚、心と知性の健やかな発育を促進する。

C_35_02

ロディに乗ってポーズをとる子供たち。実はこれ、ロディヨガというキッズヨガの一種なのだ。
ママとパパが自分らしい子育てを楽しむために生まれた「ベビーヨガ・キッズヨガ」とカラフルな「ロディ」が出会い、遊びながら、またスキンシップしながら、子供の体、心、知性の成長を促すことができるという。

ロディを使えばヨガの基本となるポーズを簡単にとることができる上に、パパ、ママが子供の体を支えながらヨガのポーズをとらなくても大丈夫。親子一緒に同じヨガプログラムが楽しめるという特徴がある。さらには、ヨガの基本となる9種類のポーズをロディと一緒にとることで、自然に体幹が鍛えられ、姿勢がよくなり、体本来の意識・能力を高めることができる。

カワイイだけじゃなく、我が子のボディセンスまで鍛えてくれるロディヨガ。この秋、イクフェス2011のワークショップでも無料体験ができる。ぜひとも参加して親子でボディセンスを高めたい。

C_35_03ロディとは
イタリアのレードラプラスティック社で発売された、1984年に生まれた馬をモチーフにした乗用玩具。可愛らしくてやさしいラインの容姿は子供だけにとどまらず大人をも虜にし、インテリア商品としても高く評価されている。また、キャラクターとしても認知され、現在ではベビー用品や生活用品など幅広く商品展開。
耐荷重は200kg。対象年齢は3歳以上。
RODY STORE:http://rodystore.jp/

(この記事は2011年6月発売「FQ JAPAN」vol.19で掲載されたものです。)

■イクフェスでロディヨガが体験できる!
11/3に開催されるイクフェス2011のワークショップでロディヨガの無料体験ができます。10:00よりワークショップエリアにて整理券配布。(3歳以上のお子様対象)
公式サイト:http://www.fqmagazine.jp/ikufes
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi