MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

人気育児雑誌が2011年の育児トレンドを発表!

111128PA_722
人気育児雑誌8誌が選んだ今年の子育てのトレンドを表彰する「第4回ペアレンティングアワード」の授賞式が29日、東京都内で行われ、1歳2ヶ月の娘を持つ大沢あかねさんが、ママ部門で受賞した。夫でお笑い芸人の劇団ひとりさんについて「私が言わなくても全部やってくれる。すごく頼りになる主人で、夫として100点です」と絶賛。「大雑把な私と比べて、彼のほうがやることが細かい。その姿をみて、私も頑張らないとなと思いますね」とお互い刺激し合う良きパートナーであることを語った。・・・続きを読む

給食費も修学旅行費も町が負担!??

義務教育費を実質無料化!

山梨県早川町は町内にある小中学校の義務教育にかかる費用を全額負担する方針を固めた。2012年からの実施を目指している。

文部科学省によると、給食費を無償化している自治体はあるが、修学旅行費など含め義務教育にかかる費用をすべてを負担するというのは前例がないとのこと。

656646455ded9c2750f4e9aca3933fb3


・・・続きを読む

土曜授業の再開 親は賛成、現場は?

学習指導要領により授業数増加

新しい学習指導要領により、2009年から段階的に授業時間が増やされている。塾通いが当たり前な最近の子どもにとって週に1~2時間授業時間が増えるのは大きな負担になる。

ベネッセコーポレーションの調査によると、土曜日の授業開始に賛成・容認の保護者の合計は65%であった。これに対し、横浜市教育委員会が行った調査によると教員に同じ質問をしたところ、「実施しないほうがよい」が70.5%となった。

実施回数も保護者側は月2回以上実施を半数近くが望んでいるが、教員側で月2回以上実施したほうが良いと答えたのは10人に1人に過ぎない。なぜ現場は土曜日授業に消極的なのか。
bdd34137068c23046318ff9a48ae5e38
・・・続きを読む

【アメリカ】ジジババクラスの開催増加

病院などで開催されるクラスとは?

11月15日のTIMEによると、ここ数年の間、アメリカの病院やコミュニティーセンターで、おじいちゃん・おばあちゃんになる人たちへの、ジジババクラスの開催が増えていとのこと。

というのも、数年前から開催してほしいとの要望が増えたからだそう。シアトル・スゥエディッシュ・メディカルセンターでジジババクラスを教えているロザリス・ピールさんは、

赤ちゃんたちは変わってないのですが、私たちの、赤ちゃんに対しての知識が変わったんですよね。
と、語っています。

f96f6d44cc96d1855c23a3822dbcc695
・・・続きを読む

夫を簡単にイクメンにする方法

「最近の父親たちは、よく育児をするようになった」。
そんな風に言われて、「イクメン」や「カジメン」なんていう言葉も当たり前になってきている。しかしその中でも、真のイクメンと呼ばれる人たちは、まだまだ少ないのが現実。
実際、自ら「育児に参加している」と言う父親に、「なにをしているか」と尋ねると、大半が「お風呂に入れている」「おむつを換えている」というくらいの返事しか返ってこない。でもそれって、365日24時間赤ちゃんに付きっきりの母親に比べたら、何%?
世間のママたちの意見としては、「それくらいで育児しているなんて、胸を張って言わないで! もっと育児してよ!」と言いたいのが本音だろう。

しかし、それではケンカになるだけ。
まだまだ男性にとっての育児は、「ママの手伝い」という意識がある。自分はただの"補助員"だから、いまいちモチベーションが上がりきらないというケースが多い。真のイクメンというのは、実際のところまだまだ少ないのである。
じゃあ、上手に父親のモチベーションを上げるにはどうしたら良いのか。それは簡単。父親も主役にすれば良い。つまり、「男にしかできない育児がある」ということを教えてあげれば良いのだ。

101031_kapla_071

・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi