MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

クラシックが223曲収録の無料アプリ「キッズクラシック」

kidsclassic
このアプリは、たっぷり223曲もクラシック曲が入っています。小さなお子さんなら、自分で好きな曲を選んで、再生することもできますし、赤ちゃんには、枕元に置いて曲をきかせて情操教育に使ったりと幅広く使えます。長い期間使えるアプリですし、何より無料というのが嬉しいので、アプリの中にひとつ持っていると重宝すると思いますよ。
※以上、キッズアプリCOMhttp://www.kids-app.com )からの引用


・・・続きを読む

米国で人気!肌触りのやわらかな布製お世話人形「ベビー・ステラ」

ボーネルンドは、本物の赤ちゃんのような愛らしさを表現した「お世話人形 ベビー・ステラ」を、全国およびオンラインのボーネルンドショップで2011年9月22日より販売する。価格は3,990円(税込)。
stella
・・・続きを読む

「イクメン」ほど男性ホルモンが減少!ネット上の反応は?

米科学アカデミー紀要(電子版)に発表された、米国とフィリピンの研究チームの研究結果に関する報道が話題となっている。子どもを持つ父親になると、主要な男性ホルモンである「テストストロン」が少なくなる、というものだ。

この報道に対してネット上では早くも、
  • イクメンは少子化を促進するのか
  • 子持ちの男が丸くなるのはそのせいか?
  • 単にストレスが溜まって減るだけでは?
  • たくさん産ませたければ男に子育てさせるなってこと?
といった意見が交わされている。
・・・続きを読む

小学1年生の学級崩壊「小1プロブレム」にならないために今からできること

image2学期に入り、年長さんをお持ちのご家庭にとっては、ランドセルや学習机など、入学準備に向けていろいろな商品検討を始める時期になってきた。ただ、モノの準備はもちろん大事だが、入学に備えた心の準備も大切だろう。

最近では小学1年生の学級崩壊、いわゆる「小1プロブレム」なる単語も出てきたが、スムーズな進学のために留意しておきたいポイントについて、幼稚園・保育園への心理士巡回サービスに取り組んでいる「ママchan」の臨床心理士、関谷直子さんにうかがった。・・・続きを読む

1歳6ヵ月から使える赤ちゃん用マスク「はじめてのマスク」が売れている

ピジョンが8月22日から発売した、一般の子供用よりも小さいサイズで、対象年齢が1才6ヵ月からの使い切りタイプのマスク「はじめてのマスク」が売れている。日本最大級の健康関連商品の通販サイト「ケンコーコム」での「子供用マスク」カテゴリではトップの売上、マスク全体の売れ筋でも第2位にランクインしている(2011年9月10日現在)。
hajimetemask
・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク