MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

尾木ママ監修「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」オリジナル絵本が初公開!

4ff41f44546561b89ab3e8d28d22ddab

「実は子育てで一番大事なのは、お母さんが感動したり、お父さんがすごいなって感じることを子供と一緒に体験をするっていうこと。そして”わぁ、素敵!”とか、声を掛け合うことがすごく大切」と話すのはTVで人気の教育評論家“尾木ママ”こと尾木直樹先生だ。

10月1日、小岩井農場まきば園で開催された「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト オリジナル絵本・完成 披露イベント」で尾木ママは親子の絆をテーマに持論を展開した。

このイベントは、教育評論家の尾木直樹先生が監修のもと、子供の心の成長をテーマに絵本を作り、全国の児童たちに寄贈していく「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」として初めてのオリジナル絵本が完成したことを記念したものだ。

今回は岩手県内の親子およそ100人を招待し、小岩井農場での体験・見学ツアーのほか、完成した絵本の読み聞かせなどを行った。

その中で、尾木ママはさらに「絵本を見るときは、同じ絵を見てるでしょ。同じ絵を見て、空想や想像ができるよね。絵本だけで豊かな子供に育てるというのは難しく、大人と同じ絵を見ながら、お母さんや大人が読み聞かせることがものすごく大事。安心できるお母さんの声で色んなものを見ながら、空想や想像の世界を遊ぶ。これが子供の心を豊かにするし、いろんなことに対し知的関心を呼び起こすんです」と読み聞かせの効果を伝えた。

ちなみにこの「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」は、キリンビバレッジが発売している果汁飲料ブランド「小岩井 純水果汁」による企画活動。商品のリニューアルに合わせ今年の7月より実施している。キリンビバレッジでは今後も、ブランドサイトやPRイベントなどを通じて「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」の活動を行っていく予定だという。[詳細はこちら

■関連リンク
小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト

小児科医の研究にもとづいたインフルエンザ予防に役立つ温湿度計

タニタでは、季節性インフルエンザの予防に役立つ温湿度計3機種を2011年10月20日から順次発売する。温度、湿度のほか、インフルエンザの流行と相関のある「絶対湿度」を基準とした感染予防目安を3段階で表示する。
tanitainfulkei
・・・続きを読む

居酒屋でホテルで「ママ会」プランが続々登場

「ママ会」プランがにぎやかだ。居酒屋チェーン「甘太郎」ではこのほど、ノンアルコール飲み放題の宴会プランを始めた。料金は1人2,500円で、ソフトドリンクとノンアルコールビールが飲み放題で料理は8品。関東に展開する全47店舗で提供するという。

一方では、ホテルのデイタイムを利用した「ママ会」プランも登場している。東京新阪急ホテル築地の32階にある個室パノラミックルーム「崋山(かざん)」では、ママ友ランチプラン「シンデレランチ」の提供を開始した。
・・・続きを読む

子持ちはもちろん単身者も!今こそ地域のバザー・祭りに参加する意味がある

先日、筆者は長女の通う小学校に行き、半日ほどPTA活動に勤しんできた。それは文化の日に行われる文化祭のメインイベントである「バザー」を目した、商品値段つけ+仕分けという地味作業だ。

「は、小学校で文化祭?ナニそれ?」と引っかかる方もおられることだろう。筆者も長子の就学でおよそ30年ぶりに小学校という場所に足を踏み入れて後、ここ数年のさまざまな社会的背景及び要請により、公立小学校という場所が、昔よりはるかに「地域に根ざして」的スタンスを強化していることを知った。

子の学校の文化祭でも「地域に開いて」授業風景を大々的に公開する。この日以外は安全管理のため警備員常駐かつ校門施錠がデフォであることを考えると、かなり思い切った気合と緊張に満ちたイベントであることが伺えるだろう。・・・続きを読む

ロンドンで発生したベビーカー親同士の暴行事件 -日本とは次元を異にする事件背景とは?-

そんなにベビーカーはお嫌いですか?
苛々と舌打ちする過労のサラリーマンも、子どもとか母性とかに何のコンプレックスの裏返しか嫌悪の視線を送る輩も、日本という余裕のない環境で子育ての難しさに潰されそうな母親たちも、みんなストレスで壮絶な表情をしている。極東の小さな国に人間がひしめき合い、擦り切れていく音が聞こえるようだ。

さて、昨年ロンドンのバス車内でベビーカーを巡って起きた暴行事件は、そんな日本人の繊細さとは対極にある出来事だ。
Buggy rage passenger 'beat mother senseless' in row on crowded bus・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク