MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

小1から英語授業!中国の小学校に潜入

P1000196


日本の学習指導要領では、2011年度から小学5・6年での外国語活動(おもに英語)の授業が必修化されたが、おとなり中国の小学校では1年生から英語の授業が採り入れられている。

今回取材した小学校は、中国広州市の華陽小学校。こちらは公立校だが、わざわざ同校の学区に転居して通わせる親もいるほど人気の名門小学校だという。ちなみに同校は一学年8クラスで各クラスが約40人を超える、日本では考えられない規模のマンモス校だ。

同校の授業時間割は、小学1年で週28コマの授業(日本では通常24コマ)、小学3年からは週30コマの授業(日本では通常28コマ)となっていた。そのうち小学1年では週3コマが「英語」で、そのうち1コマが「英語口語」、つまりオーラルコミュニケーションの授業だ。さらに英語の授業は小学3年からは週4コマ、小学4年からは週5コマとなり、もちろん英語専門の先生が指導にあたるという。・・・続きを読む

モンスターペアレント“先進国”の親たち

image2

日本でも、モンスターペアレント(以下:モンペア)なる単語が一般的に聞かれるようになって久しい。その意味するところは、学校や教師に自分の子どもを特別に厚遇しろと迫ったり脅したりの強烈な「クレーマー」だったり、または理屈をつけて給食費を支払ったりしないなどの「非常識な親」だったり。しかし、モンペアなる語が一般化する時点で、いかにモンペアが「浮いて」いるか、日本人の価値観がそのような親を疎んじているかが分かり、日本の親は本当に行儀がいいんだなぁと思ってしまうのである。

筆者が、とある中央ヨーロッパのインターナショナルスクールに子どもを通わせて思ったのは、モンペアは世界共通だということだった。様々な国籍、宗教、家族背景の数百家族が集う大規模校。教師やスタッフは、食べ物ひとつ、校内の張り紙ひとつに思いもかけないクレームをつけてくる保護者への対応や、価値観を異にする保護者同士のトラブルにたいそう苦慮し、かなりの労力を割いていたと思う。
・・・続きを読む

全寮制もある!中国の幼稚園事情




「寮のある学校」というと、日本でも高校くらいからであればそれほど珍しいわけでもない。一部には、英国のパブリックスクールにならい、「エリート教育」を標榜した私立の全寮制中高一貫校もあるほどだ。

しかし、これが幼稚園となると驚かれるだろう。じつはおとなりの中国では、そうした寄宿制の幼稚園が決して珍しいわけではない。ちなみに中国における「幼稚園」は「幼児園」といい、日本でいう保育園と幼稚園の両方の機能を持った教育施設である。

そして中国では、寄宿制の幼児園も数多く存在している。親の感覚では、「そんなに小さいうちから子どもを終日預けるなんて!」と思うだろうが、月曜から木曜(もしくは金曜)までを幼児園で過ごし、週末を家族と過ごす家庭も多い。
・・・続きを読む

海外暮らしの団塊ジュニア母が思う日本の「品格」

9809991

日本を離れ、はるばるヨーロッパにやって来てからしばらく経つ。学生時代に海外にいた時はもっと喜楽なもので、愚かにもすっかり「かぶれ」だったのだが、家族での海外暮らしを経て、ド近眼の私なりに初めて見えてきた日本の良さがある。

不思議なことに、それはかなり平和な日本で育ててもらった団塊ジュニアの私が、今まであまり大事だと思っていなかったものごとの側にある。質素とか忍耐とか礼儀とか伝統とか、どっちかって言うと私たちが昔「もうそんなところに価値観ないでしょ」と否定的に笑ったものの側にある。

東北地方太平洋沖地震後、日本人は以前あれほど「失われた」と声高な自己批判に遭っていた「品格」を、想像もしなかった形で取り戻すこととなった。震災後、これまで当然あるはずと思っていたものがなく、当然大丈夫だと思っていたものが全然大丈夫じゃない暮らしが続き、もともとの持ち味なのに忘れがちになっていた利他精神や節約意識が目覚めた。
・・・続きを読む

テン年代、母・主婦のデジタルデバイドを考える

image

母・主婦の生きる世界、ママ友コミュニティ。幾分地域性によって差異があるものの、その場のどこかSFっぽい時空の歪みぶりは、全国共通ではないかと思う。

それは朝から晩にかけて行われる、各種送り迎え活動。ゲリラ的に発生する、立ち話。その場にいないと話題の的になりかねない、ママお茶。時間は間延びし、永遠のように思われつつ、気付くと日が暮れている……不可思議……。

だから母は忙しい、毎日。ゆえに敢えて「私はインターネットなんてやんない」と明言するのも見識のひとつだ。しかし「パソコンてどうやったら電源入れられるのかすら分かんない」。それは幼稚園の保護者会で小学校のPTAで、「パパに聞くのもちょっとねぇ」「うちのパソコン触ると怒られるのよ」と続く、母・主婦のありふれた言葉。でも耳にする度、どこか魚の骨が刺さったかのような違和感のある、言葉では?
・・・続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi