スマートフォンのシェア増加とともに、育児記録アプリがぞくぞくとリリースされている。かつてブログブームが起きたときに育児日記をブログでつけるママが急増したが、子どもの顔を不特定多数にさらしたくないママにとっては何かと不都合であった。
image

その点、アプリであれば端末内で完結することができるし、なによりスマートフォンならタッチするだけでタイムスタンプとともに簡単にログを残せるから、手軽に子育て記録を付けたいママたちに人気となっているようだ。
mamamemoつい先日9月15日には、雑誌「Pre-mo」「Baby-mo」などで知られる主婦の友社が、モバイルコンテンツ事業を手がけるエクスラントと共同で、Android端末向け育児支援アプリ「ママメモ」をリリースした。「ママメモ」では、ミルクの時間や量を記録したり、おむつを交換した時の状態を記録できるなど、様々な育児記録メニューが用意されている。また、ボイスメモによる入力も可能だ。さらに、主婦の友社が運営するPC版妊娠・出産・育児専門サイト「ママストリート」の各種情報コンテンツも取得できるという。ちなみに価格は月額210円となっている。

ikumemo育児記録アプリといえば、先日当サイトでも紹介した「ミーテいくメモ」は、「母乳」「お散歩」「お風呂」といった子どものお世話や成長を、スタンプ形式でタップすることで、成長記録として残すことができるアプリだ。振り返りや統計機能のほか、mixiやTwitterと連携もできるので、ママ友同士での共有も可能となっている。こちらはiphone版のほか、新たに8月からAndroid版もリリースされ、無料ということも相まって累計で3万ダウンロードを超える人気アプリだという。

milktimeそのほかにも、授乳記録に特化した「Time_Of_Milk」、またシンプルな記録だけであれば、Androidの「育児メモ」やiphoneの「赤ちゃん日記」も無料で手軽に使えるアプリとして公開されている。

いずれにしても、こうした育児記録アプリは、一度使い始めるとほかのアプリにはそれまでの記録の手前、なかなか乗り換えづらい。まずはそれぞれおためしで使ってみて、操作性や編集機能はもちろん、記録の振り返りやアイコンのかわいらしさなどのデザイン性、自身の子育てに必要十分な機能があるかどうか、といった基準で選ぶとよいだろう。

ママメモ
ミーテ いくメモ
i Tunes「Time_Of_Milk」
Android マーケット「育児メモ」
i Tunes「赤ちゃん日記」


深田洋介深田洋介
学研の編集者、AllAboutのWebエディターを経て、サイバーエージェントの新規事業コンテストでは子育て支援のネットサービスでグランプリを獲得、その後独立。現在は子育て・教育業界×出版・ネット媒体における深い知識と経験・人脈を駆使して活動中。2001年生まれの娘の父。