「ママ会」プランがにぎやかだ。居酒屋チェーン「甘太郎」ではこのほど、ノンアルコール飲み放題の宴会プランを始めた。料金は1人2,500円で、ソフトドリンクとノンアルコールビールが飲み放題で料理は8品。関東に展開する全47店舗で提供するという。

一方では、ホテルのデイタイムを利用した「ママ会」プランも登場している。東京新阪急ホテル築地の32階にある個室パノラミックルーム「崋山(かざん)」では、ママ友ランチプラン「シンデレランチ」の提供を開始した。
hankyutsukiji

幼稚園やお稽古事などでお子さんを送り出した後のママの時間を応援、と銘打ち、ランチタイムは10:30~13:30の間での利用となる。料理は洋食パスタ+コーヒー付(1,800円)をはじめ、ブッフェや和食プランのほか、お子様メニューも用意している。さらに大型液晶テレビの無料貸出もしており、子供たちが飽きてしまったらDVDを見ながら過ごすこともできるので、ママたちも安心しておしゃべりを楽しめる。

関西でもホテル大阪ベイタワーの20階にある日本料理「磯風」が、「ママ会おしゃべりランチプラン」の提供を2011年9月15日より開始している。まわりを気にせず利用できる個室の座敷利用で、ベビーソファも備えている。さらに授乳やおむつ替えには別室の個室も用意し、おむつ用のダストボックスもあるというから便利だ。
osakabaytower

料理も、ママには旬の素材を使ったヘルシーな「調理長のおまかせ御膳」が、お子様メニューでは「おかゆと薄味お味噌汁」もしくは「お子様うどん」が選べる。もちろん、ベビーフードも持込可能。なお料金は大人1名お子様1名で2,200円となっている。

子どもと一緒にお出かけしながら、まわりを気にすることなくママ友同士で食事と会話を楽しむ時間が、ママたちのリフレッシュになることはもちろん、低迷する外食産業とホテル業界の新たな需要を掘り起こすことにつながるかもしれない。