1945年、航空機製造の技術者によって産声をあげたオカムラ。国内初のトルクコンバータ開発に成功し、国産初のFFオートマチック車「ミカサ」を製造するなど最先端の技術を培ってきた。現在は、オフィス家具を始め空間作りに関する製造や販売を行っている。

そんなオカムラから発売される学習デスク「K-model」は立命館大学教授・立命館小学校副校長の陰山英男先生が開発した子供用学習デスク。

k-model_01
陰山先生は百ます計算や漢字練習の反復学習を続け基礎学力の向上に取り組む一方、そろばん指導やコンピューターの活用など新旧を問わず積極的に導入する教育法によって子供たちの学力向上を実現している。

ゆとりある学校教育を目指して小学校では2002年から施行された「ゆとり教育」。しかし国際数学、理科教育調査で諸外国に比べ日本の著しい点数低下が問題となり、2011年度から新学習指導要領に変わる大きなきっかけになった。

■外国語教育の充実
■理数の力を育み観察、実験の増加
■日本の文化、伝統、 道徳への理解を養う
■家庭と地域社会、学校が深く関わる

k-model_03これからは、”家庭学習が鍵”と陰山教授は唱え、「k-model」には家庭学習しやすい3つポイントにこだわっている。

1.集中できる机
子供が集中力を切らさずに、限られた時間で最大の効果を発揮できるように気が散らないシンプルでしっかり感のある構成。

2.整理できる机
目的の教材をどこに置いたか分からなくなったり、教材や文具の収納、後片付けに時間がかかったのでは学習机の機能として適切でない。素早くしまえて、次の科目を段取りよく取り出せる流れが大切!

3.継続できる机
机は、自分にとってかけがえのない、なくてはならないものとなり、ますます心地よい場所に進化する。

これらのポイントにこだわった設計のデスク、お子さんの学習デスクにいかがだろうか?

学習デスク「K-model」

■転載協力:FQ JAPAN