ママの声が作るランキングサイト「ママこえ」では、子育てママのTwitter利用事情を調査した結果を発表した。2010年夏に同サイトが行った調査では12%だったというTwitterの利用率、今回の結果では「定期的に利用している」ママが16%に増加し、「登録しているが、ほとんど利用していない」を合わせると、33%が登録していることになる。

computer
そしてTwitter使用開始時期については、「2011年3~6月」が最多の20%、「2011年7~9月」が15%、「2011年10月以降」16%と、東日本大震災以降、Twitterに登録したというママが約半数を占めている。始めたきっかけについては、「世間で話題になっている」が最多で19%、「知人(ママ友・パパ以外)が使ってる」と「懸賞」が同率で17%、「3.11の震災で役に立ったと知った」が12%と続く。さらに使い方としては、「子育て、ファッション、芸能などの情報収集」「ママ仲間との情報共有」、「懸賞目当て」などが多いもよう。

また、同サイトでは昨年11月にFacebookの利用率も調査しており、登録済みのママは19%。「もう連絡が取れないだろうと思っていた学生時代の友人を発見できるのが楽しい」「遠くに住む友だちと一度に連絡が取れる」といった声が上がっている。

もちろんTwitterもFacebookも、「使い方がわからない」「時間がない」「面倒くさい」「個人情報の公開に抵抗がある」といった声がまだまだ多数派である。しかしいったん使い始めるとその楽しみにハマるママが多く、話題性だけでなく周囲が使い始めると知ると遅れをとるまいとする同調性なども考えると、ソーシャルメディアを使うママたちは引き続き拡大することが予想される。

ママこえ