ヤマハ発動機は、幼児2人同乗基準に適合した電動アシスト自転車の2012年モデルとして、「PAS リトルモア」と「PAS Raffini L(パス ラフィーニ エル)」の2機種を3月18日より発売することを発表した。メーカー希望小売価格は前者が137,000円、後者が123,000円。

電動アシスト自転車市場は年々拡大しており、同社の推定値によると2011年の年間総需要は約42万台で、前年比約110%だという。
pas_lm
「PAS リトルモア」に標準装備されている「スーパーエンジェルシート」は、ハンドル中央の回転軸上に装着してあり、また後輪の26型に対して前輪に22型タイヤを採用することで低重心化を実現し、ふらつきを抑えた安定走行が可能となっている。
pas_rl

また、「PAS Raffini L」との共通装備として、手元でハンドルの回転を半固定できる「テモトデロック」やリアキャリアにチャイルドシート(別売)を装着した時も安心感の高い「大型ドレスガード」など、子どもの安全を考えた機能を備えている。また、2012年モデルでは、育児に関わる男性も意識した新色フレームもラインナップに加わった。

電動アシスト自転車ヤマハPAS