親子のお風呂タイムを快適に楽しく過ごせるアイテムがぞくぞく発売されている。

ベビー用品開発・製造のリッチェルは、乳幼児との入浴をサポートするグッズ「ひんやりしない おふろマット」「ひんやりしない おふろチェア」の2商品を4月10日より販売開始した。

richellbaby
赤ちゃんと入浴するママたちから「子どもの冷えや湯冷めが心配」「おふろを嫌がる、グズッて大変」「自分のことが十分できない」「通常のプラスチック製おふろグッズのひやっとする感じを嫌がる」といったニーズを受けて開発された同商品。

本体は発泡素材(ポリプロピレン)で肌触りがほんのり温かく、しかも軽量。また水切れがよいのでお手入れもかんたん。さらにおしりの部分にもお湯が張れるので、温かくして使用できるのが特徴。

「ひんやりしない おふろマット」の対象月齢は新生児からで価格は2,835円(税込)、「ひんやりしない おふろチェア」は生後6ヵ月頃からが対象で価格は3,465円(税込)。


また、バンダイからは、お風呂で習字や落書きができる墨汁風ボディソープ「おふろでらくがき!墨汁せっけん」が発売された。

bokujusekken


同商品は、ボトルに入った墨色のボディソープと筆がセットになっており、体を洗えることはもちろん、せっけんを筆につけてお風呂場で習字遊びが楽しめる。もちろんボディソープなので、簡単にお湯や水で洗い流すことができる。

同社では、「お風呂の時間に、親子で文字を練習したり、お互いの体に落書きし合って遊ぶなど、親子のコミュニケーションツールとしてお楽しみいただきたい」とコメントしている。

株式会社リッチェル ベビー用品
バンダイライフ事業部