大阪・豊中市にある「さの皮膚科クリニック」では、子どもの水イボ患者数が通常月の5倍以上に急増していることから、感染に注意を呼びかけている。

水イボはウイルスによる感染症で、症状としては膨れて水が入っているように見え、光沢があって少し硬いのが特徴。ただし、放置すると体中に広がり、他の子どもに感染してしまう恐れもある。

来院患者の感染経路はプールや海が大半で、水の中で直接肌と肌が触れることで感染するケースが大半を占めるという。空気感染などの心配はなく、大人は免疫力がついているため感染しにくい。


同クリニックの佐野升美院長は、「もし子どもの肌に異常が見られたら、素人目で判断せず、すぐに医師の診察をあおぐこと。汗疹(あせも)と間違えて薬局で買った薬を塗り、悪化させてしまったケースも多く見られます。悪化させた水イボ治療の傷跡は残る場合が多く、思春期のコンプレックスの原因にもなります」とコメントしている。

現在、水イボ治療に有効な飲み薬や塗り薬はなく、そのため専門医がピンセットでひとつつひとつつぶす治療が一般的。しかし想像のとおり、治療には痛みをともなうため、水イボの数が増えるほど、子どもに大きな負担を掛けることになる。そして水イボは発症しても初期段階では汗疹に見えたり、痛みや痒みも無いため、つい放置してしまう親が後を絶たないという。