昨年9月、当サイトで中東・シリアのマタニティーマークについて紹介をしたところ、大きな反響を呼んだ。しかしその後、残念ながらシリアは内戦により国内情勢は悪化、つい先日には日本人ジャーナリストが殺害されるという大変痛ましいニュースが記憶に新しい。

そんななか、同地に青年海外協力隊の一員として派遣され、母子保健の改善活動に関わられた保健師の中川智恵氏より、現地でのマタニティーマーク普及の経緯について、ぜひ多くの日本の親子に知ってもらいたいということでご寄稿をいただいたので紹介したい。


私がシリアでの生活を始めたのは今からちょうど2年ほど前でした。青年海外協力隊というJICA(国際協力機構)の事業のひとつで、当初の予定では2年間シリアで保健師をすることになっていました。

シリアは、中東地域と呼ばれる国の中にあり、トルコ、イラク、レバノン、ヨルダン、イスラエル、パレスチナに接するアラブの国です。宗教は約90%がイスラム教徒で、公用語はアラビア語になります。


そのころは、現在世界中のニュースで流れている内戦状態のシリアとはまったく違う平和な国でした。真っ黒のアバヤと呼ばれる民族衣装に、ヒジャーブ(髪を隠すためのスカーフ)を身に付けた女性、男性はターバンのようなものを頭に巻く人が街中にいて、街を歩けば「ようこそ」と、街行く人に満面の笑みでお茶に誘われることが日常でした。

お茶に付き合えばその後は夕食にも招待されます。そして家族みんなで最高のおもてなしをされます。日本にはあまりないウェルカム精神に最初はびっくりしました。そんな人たちとのつながりを積み重ねることで、中東独特の怖そうなイメージはやがてなくなりました。「こんにちは」という挨拶は「ようこそ」と言う意味の言葉を使う、そんなお国柄なのです。
現地での私の配属先は、同国アレッポ県内にあるマンべジ郡というトルコ国境に近い北部地域にある保健局でした。そして、女性のリプロダクティブヘルス(女性の性と生殖の健康)に関する活動をしました。


妊産婦健診受診率は低く、危険なお産も多い、さらに女性の外出は夫や家族の承諾なくすることが難しく、女性が遠出することは恥とさえされる地域でした。

そんな地域でしたが、街の中に外国人は私だけ。しかし温かい同僚たちや街の人に恵まれ、少しずつ彼らと同じ地で母子保健の改善に向けて仕事を始められました。

まずはどんな改善ができるか、シリアのママと子どもたちに届くサービスやメッセージは何か、そんなことを同僚と甘い紅茶(シャーイ)を片手にたくさん話すことから始まりました。文化や習慣を知ることが改善のヒントを見つける近道だったように思います。

もともとマタニティーマークをシリアにも活用したいと思っていたので、そのことも頭の片隅に置きながら、少しずつ活動が進みました。

-----

活動を始めて1~2ヵ月が過ぎた頃、「妊婦健診をまず4回は受けに来てほしい。健診を大切にしたい。」そんな意見が同僚からあげられました。

日本のマタニティーマークは、カバンに付けたり、電車の優先席に貼られたりして、妊娠初期から周囲の人へ妊娠していることをさりげなく伝え、配慮してもらえるようにという趣旨があると思います。

しかし、シリアでは宗教上からも女性への配慮がされており、女性であればバス等は妊娠に関わらず男性から席を譲られることが普通でした。シリアと日本は文化や習慣、社会的な課題も大きく異なります。


まずは、保健センターから遠い地域の人に、妊産婦健診の周知をすることはどうだろうかという話になりました。「保健センターに来れば妊産婦健診が受けられます」というメッセージをどうやって届けるか。そしてそのメッセージで女性たちが行動を起こせるか。そんなことも課題でした。

女性の識字率も低い地域でしたので、妊産婦のいる家族や近所の人に伝える、そして広く保健センターで妊産婦さんたちに保健サービスを受けてもらうことを第一に考えました。もちろん女性の外出が難しいので、男性へ理解を得られるよう配慮が必要でした。

-----

マタニティーマークのイラストについても何度も同僚と話し合いました。イスラム教徒の女性にとってヒジャーブは第一に髪を隠すためのものでもありますが、おしゃれの一つでもありました。ヒジャーブの巻き方はどの巻き方が自然か、女性の肌の色はどうだろうか、多くの女性に意見を求め試行錯誤しました。

そして、メッセージは最終的に「― 妊娠中、産後は保健センターへ行きましょう。あなたとあなたの子どもの健康のために ―」という内容を同僚と一緒に決めました。


さらにこのマタニティーマークを活用する方法についても考えました。シリアは「セルビス」というワゴン車が小さな村々、都市間を結ぶことが多く庶民の足でした。保健センターへもセルビスを使ってアクセスすることが多いです。

そこでその人々の足となるセルビスに大きなマタニティーマークを貼り、広告にするという計画を立てました。加えて、妊産婦が行くであろう薬局や小さな商店に日本の電車などに貼られているサイズに近いマタニティーマークを貼り、周知する方針になりました。

計画は着々と進みました。それと同時に、アレッポ県の保健局長にも理解を得てもらいました。そして、日本のマタニティーマークを現地の人にも紹介する機会を持つようにしていました。日本のマタニティーマークとシリアのマタニティーマークは目的が異なりますが、日本と「おそろい」のマークであり、このマークを通して日本を知ってもらう、そんなことも意識しました。

-----

しかしこのマタニティーマークが完成したころ、シリア情勢が少しずつ暗転し始めました。平和と言う言葉がぴったりのシリアだったので、まったく想像もしていなかったのですが、デモが広がり混乱が少しずつ起き始めてしまったのです。人との衝突が嫌いなシリア人たちだったので、まさかといった状況でした。

そして、混乱の広がりが止まらず、昨年4月末、私は日本へ帰国(退避命令)することになってしまいました。やり残した仕事、残してきた同僚や友人のことを考えるとやりきれない気持ちでいっぱいでした。そして振り返れば振り返るほどに、いろんな場面が思い出され、シリアに対する感謝の気持ちでいっぱいでした。

シリアから帰国し、4ヵ月が経過したころ、このマタニティーマークに関する連絡が現地からありました。配属先の有志でお金を出し合い、マタニティーマークを実現化したという連絡でした。その当時も混乱が続くシリア情勢でしたので、まさかと思いつつ一緒に働いていた同僚へすぐに連絡を入れました。

その電話の中では、シリアの混乱については多くを語らず、逆に日本の震災を心配するシリア人がいました。そして、「シリアと日本のおそろいであるマタニティーマークを大切にするね。ありがとう。また会おう。」そんなやり取りがありました。

-----

その後も、シリア国内では混乱が続きました。混乱はじわりじわりと大きくなっているようにも感じましたが、届けるタイミング、現地の意向を待ち、日本からもNPO法人ひまわりの会の支援で作成されたステッカーを現地へ届けました。完成させて届けるまでには多くの人の協力がありました。こうして出来上がったのが日本とシリアの「おそろい」のマタニティーマークです。

現在、シリア情勢は厳しい状況が続き、多くの命が失われています。遠い外国の話ではなく、私たちと同じ人間が亡くなっていること忘れてないでほしいと願ってやみません。大切な命がこれ以上なくならないよう、平和が一日も早く戻ること祈りながら、私が10ヵ月過ごした、このシリアでの話を皆さんと共有させていただきました。