ロッテが新商品「かむミルク。『カフカ(袋)極うまミルク味』」のプロモーションとして、9月18日に公開した泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」が、YouTube公開後25日で再生回数50万回を突破したことを発表した。


0~3歳児への同社による実証実験調査で、じつに96.2%の子どもが泣き止んだという「ふかふかかふかのうた」は、子どものグズり泣きに悩む母親層に向けて、科学的根拠に基づいて開発されたWeb動画。開発において、「赤ちゃんけろっとスイッチ」などの商品にも関わった、日本音響研究所所長の鈴木松美氏が監修している。

鈴木氏は今回の泣き止み動画の大ヒットについて、「もともとこの動画は、生理的な要因ではなく『グズり泣き』の子どもが泣きやむように、子どもが何にでも興味を示して反応する『定位反射』という現象を利用するよう意図して制作いたしました。小さなお子様が聞きやすい周波数帯の音を使う、様々な楽器や歌い方によって曲に常に展開を与える、など作曲時にはいろいろな工夫をこらしました。」とコメントしている。

なお、動画は海外のWEBメディアでも紹介されたようで、スペインでは1日で約8500再生回数を集めるなど、話題を集めているという。

かむミルク。「カフカ(袋)〈極うまミルク味〉」(ロッテ)
http://lotte-cafca.jp/