ボーネルンドは、東京都八王子市に開業する「セレオ八王子」に、10月25日、親子向け屋内複合遊戯施設「ボーネルンドあそびのせかいセレオ八王子店」をオープンする。


「ボーネルンドあそびのせかい」は室内あそび場「キドキド」と、世界のあそび道具を提案販売する「ボーネルンドショップ」を合体させた複合施設となっている。「キドキド」では、6カ月~12歳の子どもの“こころ・頭・からだ”のバランスがとれた発育をサポートしている。

このほどオープンする八王子店は、キドキド既存店の平均面積180坪を大きく上回る、250坪の敷地面積。サイバーホイールやエアトラック、ボールプールといった、身体を思いきり動かして楽しむ遊具がある。また、じっくりと遊びに取り組むコーナーも大幅に拡充させた。
また、ボーネルンドショップでは家庭での利用はもちろん、ギフトにも適した世界のあそび道具約3,000種類をそろえた。多摩エリアを代表する大型店舗として展開していくという。

さらに、八王子市の子育て支援施設「親子つどいの広場」の一つ「ゆめきっず」を、キドキドと隣接の施設として運営する。3歳未満の子どもを連れた八王子市民(市に事前登録が必要)は、キドキドを無料で利用可能。

利用料金は子ども1人600円(30分)、以降100円(10分ごと)、大人1人300円(利用時間不問)。保護者同伴での利用が必要。会員特別料金や回数券、フリーパス、団体割引などの料金プランもあり。八王子市民で事前登録している3歳未満の子どもと保護者につきキドキド利用が1時間半無料。

時間はボーネルンドショップ10時~21時。キドキド10時~19時(受付18時30分まで)。

マイナビニュース転載協力:マイナビニュース(http://news.mynavi.jp/)
マイナビニュースはニュースと読み物をはじめ、読者アンケートを元にしたコラム、本音ランキングを中心とした総合情報サイトです。生活関連、エンタメ、デジタル、IT情報など幅広くお届けします。

■関連記事
早期英語教育の第一歩にぴったり! 「バイリンガル知育おもちゃ」登場(http://news.mynavi.jp/news/2012/10/17/149/index.html)
ハロウィンで子どもにさせたい仮装は? 2位はかぼちゃ、3位はドラキュラ(http://news.mynavi.jp/news/2012/10/17/058/index.html)
実務経験を重視、子どもの引率者認定資格「キッズナビゲーター制度」開始(http://news.mynavi.jp/news/2012/10/16/125/index.html)