育児情報誌『miku』では、2012年夏号において、今年6月から変更になった子ども手当や年少扶養控除の廃止について、正しく理解しているかについて調査をし、その結果を発表した。集計期間は2012年6月15日~2012年9月3日で、集計総数は1092人(男性64人:女性1028人)。

【子ども手当が児童手当に変わりました。知っていますか?】という質問に対しては、「知っている(内容も理解している)」が58.2%であった一方、「変わったことは知っているが内容までは良く理解していない」が38.4%、「知らない」が3.3%と、二転三転した現状制度が浸透していないことが明らかになった。

また、【6月からは児童手当の受け取りには現況届が必要です。届けは出しましたか?】という質問には、「届け出た」が80.3%、「知っているけれどまだ届けていない」が5.8%であったが、「現況届が何のことだかわからない」という回答も4.4%にのぼった。

児童手当の支給月は今月の自治体がほとんどと思われるが、もし心当たりがあれば、現況届の提出漏れがないか、確認したほうがよいだろう。

育児情報誌『miku』
http://www.kosodate.co.jp/miku/