今年に入り、キッズ関連イベントが盛り上がりを見せているヘルシンキ。今回は、この秋行われている2つのイベントをご紹介します。

まずひとつめが、現代のフィンランドデザイングッズを取り扱う、『Design Forum FINLAND』。
そこで行われているのが、「LAPSET DESIGN FORUM SHOPISSA - KIDS AT DESIGN FORUM SHOP」というキッズイベント。

注目は、フォトグラファーのDaniela Talvitieと、ライターのYC Felinが運営する、Nordic lifestyle webzine『RAWR Magazine』とのコラボレーション。デンマークの『BANGBANG Copenhagen」やスウェーデンの『Mini Rodini』、そしてフィンランドの『Jumina and Ivana Helsinki RAWR Edition』など、『RAWR Magazine』がセレクトした商品が買えるPop Up Shopが人気です。

その他、1950年代にデザインされ、今もなお生産され続けている国産家具メーカー「Muurame」の多機能子供用家具や、フィンランドの小さなキッズブランドが集まった『Kids Design Block』というコーナーなど、ファッションからインテリア、おもちゃまで、今のフィンランドのキッズプロダクトが展示販売されています。

もちろんムーミンキャラクター商品もありますよ! おしゃれなキッズプロダクトの中に混じって、ひときわ素朴感たっぷりな木のおもちゃが、個人的にはおすすめ。

期間中のイベントとして、子どもたちによるウィンドウペインティングやキッズファッションショー、また、期間中の土曜日のみ、キッズヘアーサロンがオープンし、おしゃれ親子たちで賑わっています。



ふたつめのイベントは、今年の春オープンした話題のギャラリー&ショップ『LOKAL』でのエキシビジョン『PIKKU LOKAL』。
オーナー兼フォトグラファーのKatja Hagelstam。彼女の幅広い人脈を活かしたエキシビジョンは毎回ユニークで刺激的。今回のキッズエキシビジョンも個性的な12人のアーティストの作品をはじめ、キッズ関連商品を展示販売しています。

南アフリカからやって来たカラフルな刺繍が施されたテディーベアや、廃材で作られた家具など、彼女のセンスの良さがキュレーションに現れています。ポートレート撮影あり、ペインティングあり、朗読会ありと、子どもも親も楽しめる内容です。

ここ数年のベビーブームの影響で、今後ますます増えると予想される(おしゃれ)キッズイベント。目が離せません。

▼参考URL
「LAPSET DESIGN FORUM SHOPISSA ? KIDS AT DESIGN FORUM SHOP」
www.designforum.fi/shop-kids-en
Nordic lifestyle webzine『RAWR Magazine』
www.rawr.fi
『PIKKU LOKAL』
www.lokalkatjahagelstam.fi/


中村雅子中村雅子
北欧デザインに魅せられ、2004年に渡芬。2007年、日本人の夫と共に日本のデザインプロダクトを販売する店「common」をオープン。また、フィンランドデザイン・雑貨を販売するウェブショップ「カウッパトリ」を運営。最近活動的になり始めた息子に振り回されつつ、フィンランドでの子育てを満喫している。家族は夫と2010年生まれの息子。ヘルシンキ在住。