先日、MAMApicksでも取り上げた「おしゃぶりのバクテリアに注意!毎日の消毒を習慣に」の記事のとおり、感染症が増える季節は口に入るものの消毒に気をつけたいもの。おしゃぶりを使っている家で、かつミルク育児をしていれば哺乳瓶と一緒に消毒できるが、母乳育児ではわざわざ消毒する手間が面倒なのでは。

そんな「ちいさな面倒」を解消するお役立ち商品を発見!

「ベビッコ おしぼり&おしゃぶりスチーム消毒ケース」定価 1050円(税込)
株式会社オーエスケー


商材展示会で見つけたこの商品、6ヵ月児のいる我が家でさっそく試してみることに。まずは、おしゃぶりとおしゃぶりケース、マグの飲み口を入れてみる。

おしゃぶりやマグの飲み口など「ちょっと消毒」に便利!



ぴったり3点が入った上に水を少量入れ、レンジで2分。これで安心。我が家はミルク育児だが、こういった小物はつい消毒を忘れがちなのでありがたい。

お次は、同梱されていたおしぼりを温めてみる。濡らして絞ってセット。レンジでチンすると、熱々のホットタオルができる。携帯用についているフックが、レンジから取り出す時に便利だ。

タオル地が今治ブランドであるというこだわりも、「そういやペラペラの『手&お口ふきシート』ばかり使ってたな……」と反省させる力がある。

「ホットおしぼり」は母にも優しい……


ほかほかで肉厚のおしぼりで、赤ん坊の口周りを拭く。
ついでに、居酒屋の親父のようにべろんと額をなで上げたくなる。

あまりに気持ち良さそうなので、パソコン仕事で目が疲れた時に「自分用おしぼり」を作ってしまったほどだ。おお、気持ちいい……目の周りに美容液を塗ってから乗せると、育児疲れでやつれた目元にもうるおいが戻ってくる。

赤ん坊だけに使わせておくのはもったいない。
もちろん、大人の食卓にもホットおしぼりを提供できる。

溜まりがちなミニタオルを有効活用できる、安心&便利グッズとしておすすめ!

「ベビッコ おしぼり&おしゃぶりスチーム消毒ケース」
(http://item.rakuten.co.jp/oskstyle/086656/)


山口照美山口照美
広報代行会社(資)企画屋プレス代表。ライター。塾講師のキャリアを活かしたビジネスセミナーや教育講演も行う。妻が家計の9割を担い、夫が家事育児をメインで担う逆転夫婦。いずれ「よくある夫婦の形」になることを願っている。著書に『企画のネタ帳』『コピー力養成講座』など。長女4歳・長男0歳(2012年現在)