ママタレ達が出産前は「10キロ太っちゃった~」と言いながら、華麗にボディラインを引き締めてメディアに出てくるにつけ、劣等感を覚える。高齢出産で代謝は落ちまくり、2人目育児でしんどいしんどいを連発しているうちに、服装や靴が楽な方へラクな方へと向かっていく。家ではユニクロの2010・11年物の部屋着を着回し。仕事で人に会う時は、ジャケットやパンツのボタンをこっそり外して乗り切る。

産後、久々のヒール靴で足腰ボロボロに……


しかし、ごまかせないのは仕事靴だ。

「打ち合わせでクロックスはまずいよな(当たり前だ)」と、5~7cmヒールのパンプスを履いて出かける。足の痛みと疲労感がハンパ無い。「履かなきゃいいじゃん」と言われそうだが、仕事相手によってはそうも言っていられない。ヒールを履いた日は、毎回、玄関でしばしへたり込んでいた。

今は産後の仕事量回復期で、たまの外出になるから疲れてしまう。
毎日ヒールを履いて鍛えなければ、足の筋肉は戻らない。
 
よし、家でもヒールを履こう!……でも、どうやって?

思いついたタイミングで、まさに求めていた「自主トレグッズ」に出会った。

家の中でヒールが履ける!「スタイルツーアップ健康スリッパ」



「ながらダイエット」「○○だけダイエット」愛好者としては、スリッパ系の健康グッズは数々体験してきた。足を乗せる部分が1/2のわらじ、足の指を開くシリコン製スリッパなどを遍歴してきて、これはフツーに「履いて玄関に出てもO.K」なオシャレスリッパなのが有り難い。

家で履くスリッパで、8.5cm(2.5cmの厚底なので実質6cm)というのも、なかなか無い。過去に合皮製のサンダルを家で履いていたこともあるが、前滑りするので疲れやすかった。布製なのと親指にぐっと力を入れる凹みがあるので、安定する。



料理・洗濯・皿洗いといった立ち仕事の時に履くと、授乳で丸まっていた腰と背中がぐっと伸びる。スリッパの内側に傾斜がかかっているので、自然と内股にぐっと力が入る。いいよいいよー効いてるよー!

ヒールで転んで赤ん坊を落っことしては話にならないので、赤ん坊を構う時は脱ぐ。それでも、1日数十分でも「ヒールで歩くトレーニング」にはなる。怠けていた筋肉が、「オレたち、筋肉だったんすね」と目覚めていくのがわかる。

だらファッションを脱出!「産後なりゆき太り防止」にも


ヒールのあるスリッパで、ユニクロの部屋着はいただけない。少しはマシな格好をしようと家でも「外に出られる格好」を心がけるようになった。おしゃれにうるさくなってきた5歳の娘も「このスリッパかわいい~」と褒めてくれる。

昔は「子ども産んだら肝っ玉カアチャン化」で良かったのに、ハードル高くなったものよ……と、パッケージで微笑む三船美佳ママを眺めながら思う。いや、ママタレを目指さずとも、子育てはこれからが体力勝負!足腰鍛えておいて損ナシ!

ヒールを履く仕事で復帰予定のママも、産後太りが解消しないままのお母さんにも。
「ヒールスリッパで“おうちトレーニング”」を1日30分、取り入れてみては?

スタイルツーアップ健康サンダル(http://www.netprice.co.jp/netprice/library/goods/592803/)

☆全員にプレゼント
このページをご覧いただいた方全員に、通販サイト「ネットプライス」(スマートフォンサイト:ちびギャザ)で使える300円分のクーポンをプレゼントいたします。
このチャンスにクーポンを利用してかしこくお買い物されてみては?
※クーポンのご取得にはネットプライスもしくはちびギャザでの会員登録(無料)が必要です。
クーポンの取得はこちらから
(http://m.netprice.co.jp/np-bin/gift_coupon/index.php?event_id=1724701805_6E7D2D&fp=gc_121129np_2&coupon_code=9651914018792_C4CA42&pm=mob)


山口照美山口照美
広報代行会社(資)企画屋プレス代表。ライター。塾講師のキャリアを活かしたビジネスセミナーや教育講演も行う。妻が家計の9割を担い、夫が家事育児をメインで担う逆転夫婦。いずれ「よくある夫婦の形」になることを願っている。著書に『企画のネタ帳』『コピー力養成講座』など。長女4歳・長男0歳(2012年現在)