折しも先週末に、インフルエンザの流行が関東などを中心に拡大し、過去10年で2番目の流行となった去年を上回るペースで感染が広がっていることが報道されたばかり。

薬用せっけん「ミューズ」でおなじみのレキットベンキーザー・ジャパン株式会社では、インフルエンザを発症した20~50代の男女400人を対象に、インフルエンザと自宅待機期間の過ごし方に関する意識調査を実施、その結果を発表した。

厚生労働省の「インフルエンザQ&A」によると、インフルエンザは症状が落ち着いてからもウイルスが体内に潜伏している可能性が高く、周りの方にうつしかねないため、熱が下がってから2日、あるいは症状が始まった日の翌日から7日目までは、できるだけ外出しない、という指針がある。

ところが、その自宅待機期間中に「外出したことがある」と答えた人が、全体の30.5%にもおよぶことが判明した。また、外出時の行き先について、最も多かったのは「スーパー」55.7%、次に「コンビ二」43.4%であった。さらにそれらの場所に行く交通手段として、「バス」が22.1%、「電車」が19.7%と、公共交通機関を利用している人が多いことも明らかになった。
ただし、外出の理由としては「食べ物・飲み物の調達のため」というやむを得ない事情が41.0%と最も多かった。

この状況について同社では、「社会全体としてインフルエンザに対する知識やケア体制が万全ではないことも外出してしまう原因」と分析するとともに、「インフルエンザウイルスとの接触は避けられないということを認識していただき、予防接種や、体内に持ち込まないためのマスクの着用や手洗いなど、正しい予防や対策を行うことが重要」とコメントしている。

ウイルスとの接触を遮ることが難しい現実に対して、同社では、改めて飛沫感染と接触感染の予防を呼びかけ、具体的には飛沫感染を防ぐマスクの着用と、接触感染を防ぐための手洗いの徹底を説いている。

そもそもインフルエンザは、ウイルスが付着しただけでは感染せず、ウイルスが付着した手で、口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染するため、手洗いの徹底によってウイルスを体内に入れないための対策が重要であるという。(下記資料画像は同社リリースより)


薬用せっけんミューズ
http://www.musejapan.jp/