日本製紙クレシアは、同社が制定した「産後ケアの日(3月5日)」にあわせて、20代~40代の出産経験者1000人を対象に、産後の身体へのケアに関する意識調査を実施した。

最近の芸能界のベビーラッシュで、出産後の芸能人がエクササイズなどによって産前と変わりない体型で仕事に復帰している姿が報じられるが、その容姿に「憧れる」とする回答は69.7%と約7割にのぼった。


しかし一方で、自身はエクササイズに関して、「何もしない」、「続けられずに途中で断念した」、「今後も取り組む予定なし」と消極的な回答をした人が、全体の8割超となる82.5%であることもわかった。さらにそのおもな理由の第1位は「時間がない」(34.4%)であったほか、「必要性を感じない」(17.9%)、「気持ちに余裕がない」(11.3%))という回答も多かった。

そして人にあまり言えない産後の身体的な悩みとして、出産経験者の約65%が尿もれを経験しており、「出産をきっかけに」尿もれになった人は、尿もれ経験者全体の84.0%にあたることがわかった。

この結果について、同調査を監修した産婦人科医の対馬ルリ子氏は、
「出産後は、内臓を支える骨盤底筋が損傷あるいは疲労等によって緩んだ状態にあるため、尿もれを始め、血流の減少やむくみ、内臓機能の低下、代謝の低下で血行不良や冷えが生じがちです。このような女性特有の体調不良の解消・改善や、将来起こる可能性のある疾患を予防するためには、『骨盤底筋のケア』がとても重要です。産後ケアは、将来長きにわたって健康な身体であり続けるために重要な役割を果たしていきます。病気を予防し、健康な身体を作るためには、簡単なエクササイズを毎日継続的に行うことが一番です。」
とコメントし、今回の調査を通じて「産後ケア」の重要性のさらなる周知を訴えている。

・日本製紙クレシア
http://www.crecia.co.jp/