柔軟剤「ファーファ」ブランドで知られるNSファーファ・ジャパンでは、新商品「ファーファナチュラル ランドリーせっけん」の発売を開始した。

fafa

同社の調査によると、衣料用洗濯洗剤において合成洗剤から石けん洗剤に切り替えるタイミングとして、「子どもを妊娠してから」(25.6%)、「子どもが生まれてから(0ヵ月~6ヵ月)」(47.1%)と、産前産後時期が7割以上を占めた。

また石けん洗剤を使用する理由には「子どもへの影響を考えて」(74.4%)をあげるなど、産前産後家庭の消費行動の変化が明らかになったことが、同商品開発の背景にある。
「ランドリーせっけん」は、従来の石けん洗剤にとって課題とされてきた「十分な洗浄力」と「安全性」の両立を可能とした、濃縮タイプの洗濯用液体複合石けん(※)。100%植物由来の洗浄成分のほか、9種類の天然アロマオイル配合で、着色料、蛍光増白剤、香料は不使用となっている。

(※)
日本石鹸洗剤工業会によると、洗濯用洗剤では、使われている界面活性剤の種類により次のように分類される。
(1)石けん洗剤: 純石けん以外の界面活性剤を含有しないもの。
(2)複合石けん洗剤:全界面活性剤中の純石けん分が70%以上のもの。
(3)合成洗剤:全界面活性剤中の純石けん分以外の界面活性剤が30%を超えるもの。

ファーファナチュラル ランドリーせっけん
http://www.fafa-natural.com/