子ども支援専門の国際組織、「セーブ・ザ・チルドレン」では、毎年母の日に合わせて発表している「母の日レポート」から、「お母さんにやさしい国ランキング」を発表した。


178ヵ国を対象にした今年の調査では、第1位は昨年に続きフィンランド、また第2位にノルウェー(昨年3位)、第3位にスウェーデン(昨年2位)と、ベスト3を昨年同様北欧諸国が独占、日本は昨年よりランクをひとつ下げて第32位であった。

同ランキングは、【1】妊産婦死亡の生涯リスク、【2】5歳未満児の死亡率、【3】公教育の在籍年数、【4】国民1人あたりの所得、【5】女性議員の割合、の5つの指標をもとに、保健・栄養、教育、経済、政治への女性参加を総合的に勘案の上、算出している。

日本の32位という結果は、先進7ヵ国(G7)のなかでは最も下位(※)であり、アジアにおいてはシンガポール(15位)、韓国(30位)に次いで3番目。これは、女性の政治への参加の指標となる女性議員の割合が、昨年の11.3%よりもさらに少ない10.8%となったことが大きな要因だそうだ。ランキングトップのフィンランドの42.5%と大きな差があるだけでなく、全体ランキング最下位であったソマリアの13.8%よりも低い数字であった。
(※独:8位、伊:11位、加:18位、仏:20位、英:26位、米:31位)

なおランキング最下位10ヵ国は、西および中央アフリカ諸国でほぼ占められており、いずれの国も最近武力紛争を経験している。そのため、国家として上記ランキング指標に基づくサービスを国民に提供することが、根本的に機能していないのが現状である。さらにそのうち6ヵ国は、繰り返し自然災害にも見舞われているという。

詳細レポートは「セーブ・ザ・チルドレン」のホームページに掲載
http://www.savechildren.or.jp/scjcms/press.php?d=1505

【参考】
2013年の結果はこちら
http://mamapicks.jp/archives/52113575.html
2012年の結果はこちら
http://mamapicks.jp/archives/52028785.html