ライフネット生命では、結婚5年目までの20~39歳の男女を対象に、「夫婦の約束に関する調査」を実施、その結果を発表した。有効回答者は1,000名。


まず、パートナーが「結婚前と全然違う!」と残念に思ったことは何かをきいたところ、「言葉遣い・態度」(20.1%)が最も高く、次いで「優しさ・思いやり」(17.1%)、そのほか「休日の過ごし方」(15.2%)、「スキンシップ」(15.0%)、「体型」(14.0%)があげられた。

さらにこの結果を男女・結婚年次別にみると、結婚5年目の女性では、じつに4人に1人以上となる27.0%が、パートナーの「体型」の変化について残念に思っており、一方で結婚5年目の男性では、「言葉遣い・態度」(25.0%)「優しさ・思いやり」(23.0%)について、パートナーの変化を残念に思っている割合が比較的高いことが明らかになった

そのほか、結婚期間が長くなるにつれて女性が「結婚前と全然違う!」と残念に思った項目には、「デリカシー」「マメさ」「もらえるプレゼント」「年収」といったあたりがあげられた。

夫婦の約束に関する調査|ライフネット生命
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2014/5530.html