女も四十路に近づくと、外見より中身の心配が多くなるもの。
お肌が年々カサついていくように、体の内部も着々と“冬の時代”に向かっている……頭で分かってはいるものの、いざ何から初めていいかもよく分からないのが体メンテナンス。


骨密度の低下の話題がニュースとして取り上げられるたびに、「MBP、MBP」と思い出したように牛乳に手を伸ばす筆者(まぁ「MBP」がどういうものかは実際よく分かっていないのですが)。しかしそこにあるのは二人の子どもに飲みつくされた空のパックのみ。

また今日も、「MBP」(=脳内イメージはイケメン酪農家)と私はすれ違うのね……。子どもたちの健康には気を使っているのに、自分のことは後回しになりがちなのもまたこの世代ではないでしょうか。

ダイエットは体重計に乗ることから始めよと言います。そこで現役時代の安芸乃島ばりに重い腰をようやく上げ、行ってきました!骨密度測定。

訪れたのは、東京は大手町にある「東京クリニック」。こちらのクリニックには珍しい「骨・生活習慣病外来」があり、量骨密度だけでなく、脂肪量・非脂肪量など、体組成データも取れる「Lunar iDXA」(国内第1号)を活用した外来とドックを行っているクリニックとのこと。骨も肉もまとめて測定してくれるとは、ありがたいような知りたくないような……。

病歴の有無や日々のアルコール摂取量などを(正直に)問診票に書き込み、いざ先生の元へ。診察は、「MBP」研究会の会長でもある医学博士の板橋明先生がにこやかに迎えてくれます。

先生、筆者を見るなりこう一言。

「あなた、大丈夫ですよ。」

え?え?なんて? 先生の突然の宣告に立ち尽くすキョトン顔の女。

「検査しなくてもだいたい分かる。あなた大丈夫。健康そう。」

これは、喜んでいいのでしょうか……「まぁやってみましょう」。
先生に促され、キョトン顔のまま検査室に向かうのでした。
検査服に着替えていざ骨密度検査へ。日本導入第一号という「Lunar iDXA」に寝転がり、その時を待ちます。


ほどなくして頭からつま先方向にゆっくりと動き出す「Lunar iDXA」。

「あぁ、私今スキャンされてる……。」

どんな隠し事も「Lunar iDXA」にはまるっとお見通し。言い知れぬ羞恥心と解放感を味わいながら(どんなだ)、10分程度で検査は終了。「あなたは大丈夫」という先生の予言は果たして正しかったのか。再び板橋先生の元へ。

データを見ながら先生、「私の言った通りでした。下手したら若い子よりも詰まってますね」。どうやら筆者の骨密度は有り余るほどだったようです。よかった。

「まだ若いですしね、基本的に体格のいい人は大丈夫な場合が多いんです。」

え?え?なんて? 体格ゴレライ?

「心配なのは痩せ形の方ですね。無理なダイエットをした女性はとくに。」

そう、先生の「大丈夫」は、筆者のワガママボディゆえのものでした。そして「骨密度も体脂肪率も高いから」とありがたき忠告を受けながら、初めての骨密度検査は幕を下ろしたのでした。


筆者の恵体自慢はほどほどにして、そもそも「MBP」とは何か。意外と知っている人は少ないのではないでしょうか。板橋先生が所属する「MBP」研究会のHPによりますと、「MBP」とは「牛乳や母乳にごく微量に含まれるたんぱく質」のこと。

骨も他の部位と同じように「壊す」「作る」という新陳代謝を行っており、この「壊す」と「作る」のバランスを調整するのが「MBP」。壊す力が暴走しないよう、作る力がより育まれるよう、直接骨に働きかけるそうです。

また、「人生で骨量がもっとも多くなるのは、男性で20歳、女性で18歳といわれており、40代以降は加齢にともない骨量は減り始める」ということで、これが骨粗しょう症を引き起こす要因。

しかし、骨粗しょう症はお年寄りだけの病気に非ず。「妊娠中に分泌量が増え続け、出産時にピークを迎えた女性ホルモンは、産後、急激に減少します。また、授乳期は母乳を通して赤ちゃんにカルシウムを与え続けなくてはなりません。このため骨密度は一時的に低下しますが、授乳期を終え、しばらくすると元に戻るといわれます」とのこと。

とはいえ、加齢とともに減るばかりの骨密度も、「MBP」の摂取によって増やせることが近年の研究で明らかに。努力で増やせるのね、骨密度。

また、「40年前と比べると子どもの骨折が増えている」なんていうちょっと怖いデータもあり、子どもたちにも「早寝早起き、バランスの取れた食事と適度な運動」を心がけたいものです。

そうそう、筆者の骨密度は中学時代だけやっていた部活動の貯金分もあるそうです。あの頃は辞めることしか考えてなかったけど、“西澤、部活やめるってよ”しなくて本当によかった~。

どうすれば効率的に「MBP」を摂取できるのか、なかなか牛乳を飲む機会の少ない女性には、こんな商品も発売されてます。


毎日一粒 MBP®
http://www.shop-bss.jp/shop/care/hitotubu_list.aspx


1粒にMBP®を40㎎配合。タブレットタイプで持ち運びにも便利。食べやすいヨーグルト味なのも嬉しいですね。

―― いつまでも あると思うな 骨密度

骨太診断に奢ることなく“骨育活動”、毎日骨骨(こつこつ)続けていきたい所存であります!

「MBP」で健康な骨づくりを!|「MBP」研究会
http://www.mbp-labo.com/

西澤 千央(にしざわ ちひろ)西澤 千央(にしざわ ちひろ)
フリーランスライター。二児(男児)の母であるが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「散歩の達人」(交通新聞社) 「QuickJapan」(太田出版)「サイゾーウーマン」などで執筆中。