【ドイツ発“Elternwissen.com”の記事より抜粋】
子どもが「膝が痛い!」と言ったらどう対処する? 多くの場合、「成長痛」だとして放っておくケースが見られる。成長痛が誰にでもある普通のことだとして、子どもの痛みを成長痛とくくってしまうのは危険かもしれない。その痛みがじつは深刻な病であるケースもありえるからだ。


たとえば成長痛と混同されやすいものとして、ペルテス病(股関節が痛む)やシーバー病(アキレス腱がかかとを引っ張って炎症が起こる)、あるいはすねのシンスプリントなど、さまざまな種類の疾患があり、安易な決めつけはこれらの異常が発見されない原因にもなるという。

なお、成長痛はたいてい温めたりストレッチをしたりすると自然治癒するもの。ここでは、成長痛に効果的だとされているストレッチ方法を紹介しよう。

1.子どもをうつ伏せで寝かせる。両足をもってひざを10~20秒ほど背中の方に曲げる。
2.曲げたまま足首を回す。
3.両足を元に戻し、また足首を回す。
4.子どもを仰向けに寝かして、膝を伸ばしたまま片足ずつ地面に対して直角に上げる。


このストレッチと、痛みのある足を温めることが、とても効果があると言われている。膝の痛みを成長痛だと決めつけず、もし長引くようなら医療機関にかかることがのぞましい。

【参照記事】
Aua, mein Bein! Wachstumsschmerzen sollten Sie ernst nehmen
(ストレッチの図解も掲載)
http://www.elternwissen.com/gesundheit/kinderkrankheiten/art/tipp/aua-mein-bein-wachstumsschmerzen-sollten-sie-ernst-nehmen.html