MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

遊び

寝る前の絵本読みに疲れたらこれ! スマホの基本機能でゆったり影絵タイム

子どもが寝る前の絵本タイム、親子で本の世界を楽しみつつ、子どもが頭を休めてスムーズに睡眠に入っていく大切な時間でもあります。……と言うと、なんだか素敵そうですが、これ、毎日のことですから、そうそう「素敵」だけで済むわけではありません。

読みながら親の方が寝てしまって絵本を顔面に落とすこともあるし、機嫌が悪くて気がのらない時もあれば、サボりたくなることも必ず出てきます。子どもの年齢が上がるにつれて絵本の文章量は増え、文字がわかってくると、「こっそり読み飛ばし」技も通用しなくなります。へとへとだと「ごめん今日は短いの限定で!」と、言ってみたり……。

■寝る前に動画を見せて大失敗


そんな毎晩の寝る前の時間。たまには楽をしようと、絵本の代わりにひとつ動画でも見せちゃおうかな、という気にもなります。今はスマートフォンひとつで、良質な動画コンテンツを簡単に見ることができます。

私も実はYouTubeのディズニー公式チャンネルで「くまのプーさん」のムービー集を見つけた時、ついプーさん好きの息子に見せたことがありました。

プーさんならふんわりした雰囲気だしまぁいいかな、と、絵本の代わりに寝転がったままiPhoneを持って……。もちろん息子は大喜び。でも、どうも見終わったときにむしろ覚醒しすぎてしまっている感じがある。子どもの頭が寝る方に向かっていなくて、ちっとも落ち着きません。

……これは困ったなぁ、やっぱりよろしくなかったか……。どうも、動画コンテンツというのは、話の内容に関係なく、頭を休めるには情報量が多すぎるようです。

動画はやめよう、でもたまにはスマートフォンの力を借りてでも、ちょっと手を抜いて絵本代わりに過ごせるゆったりタイムはないものか……。そこでたまにやるようになったのが、この「影絵」タイム。


続きを読む

レゴブロックの量り売りができる専門店「Pick A Brick」が都内初オープン

東京お台場にある「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」内において、レゴブロックの量り売りができる専門ショップ「Pick A Brick(ピックアブリック)」がオープンした。導入店舗は埼玉・大阪に次ぎ国内5店舗目で、都内では初となる。


「Pick A Brick」では、好きな色や形のパーツを選んで1グラム10円で購入できるシステム。突起のある基本ブロックに加え、プレート型やラウンド型、葉っぱをイメージしたパーツなど、約50種類をラインナップし、カラーも鮮やかな原色からピンクやパープルの淡い色、さらにはスケルトンカラーまで豊富に揃っている。

続きを読む

子連れOKフェス、2015年の現状と希望

7月になり、夏のロックフェスの話題がにぎやかになってきた。
筆者には生後半年に満たない乳児がいるためさすがに今夏の参戦は難しく、アーティストのラインナップをモニタの前で指をくわえて見ている状況ではあるのだが……。
ちなみに2年前に、このようなコラムを書かせていただいた。

子連れOKフェスが増えているのはなぜ?考察してみた
http://mamapicks.jp/archives/52121785.html

その後、ほかの媒体でも「子連れフェス」の話題が取り上げられたこともあり、筆者はなぜかラジオ番組で子連れフェスについてコメントするという展開にもなった。

昨年は自分が妊娠していてそれどころではなく、子どもも生まれてちょっと落ち着いたころ、そういえば今年のフェス情報はどうなっているのかと調べたら、おもに都心部の話ではあるが、比較的新しいフェスでも家族で参加することをうたっているものが見受けられた。

季節も春や秋に行われるものがあり、夏の炎天下に子どもを連れて行くのはなあ、というニーズにもあっているように思う。


続きを読む

ママ世代の認知率4割超!「キキ☆ララ 月のおうち」が世代を超えて「こえだちゃん」とのコラボで復活

タカラトミーは、1977年から販売しているロングセラーのミニドール玩具「こえだちゃん」シリーズの最新作として、今年で40周年を迎えたサンリオの人気キャラクター、リトルツインスターズ「キキ&ララ」とのコラボ商品『こえだちゃん キキ&ララ 月のおうち』を7月16日より発売する。希望小売価格は5,800円(税別)。


(C)1976,2015 SANRIO CO.,LTD.(L)

おもいやり星でうまれた「キキ&ララ」が、かがやく星になるためにこえだちゃんたちの住む「みどりの国」にやってきたという設定で、誕生からそれぞれ約40年を経た「こえだちゃん」と「キキ&ララ」が、母娘で世代を超えて楽しめるキャラクター同士のコラボレーションを実現した。

続きを読む

原作出版70周年の「きかんしゃトーマス」が舞台に! 絵本原画の展覧会も開催

2015年が原作出版70周年となる「きかんしゃトーマス」。今月4日から、ハーモニーホール座間(神奈川県座間市)を皮切りに、同シリーズの舞台作品『トーマス誕生(原作出版)70周年記念!きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの』が関東地区で巡回スタートする。


(C)2015Gullane(Thomas)Limited.

同作品は歌と踊りのほか、映像も駆使したオリジナルストーリーのファミリーミュージカル。会場ではきかんしゃトーマスと仲間たちとの記念写真のほか、いろいろなおもちゃで遊べるコーナー、またここでしか手に入らないオリジナルグッズも販売されるという。

続きを読む

ボーネルンドの室内あそび場「キドキド」が赤ちゃん親子を対象に500円で一日遊び放題デビューパスを販売

教育玩具の輸入・販売を行うボーネルンドでは、同社が運営する室内あそび場「キドキド」において、6月4日(木)~7月16日(木)の毎週木曜日、生後6ヵ月~12ヵ月までの赤ちゃん1名と保護者1名に限り、500円で一日遊び放題となるチケット「赤ちゃんのキドキド・デビューパス」を販売する。

同企画が実施されるのは、室内あそび場「キドキド」の伊勢丹松戸店、ららぽーとTOKYO-BAY店、イオンモールむさし村山店、川崎ルフロン店、イオンモール各務ヶ原店、広島パセーラ店、クレド岡山店の計7店舗。

続きを読む

連休は「プラレール博」&「トミカ博」が東西で開催

タカラトミーが販売する鉄道玩具「プラレール」と、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」がまるごと楽しめるイベント、「プラレール博 in TOKYO」と「トミカ博 in OSAKA」が今年の連休にほぼ同期間で開催される。



「プラレール博 in Tokyo」は幕張メッセを会場に、連休初日の29日(水・祝)~5月6日(水・振休)の合計8日間の開催。入場記念品として「超電導リニアL0系 中間車」または「プラレール博コンテナ 中間車」がプレゼントされる。入場料は子ども(3歳~小学生)800円[前売700円]、大人1000円[前売900円]で、3歳未満は無料。

会場の展示ゾーンでは、新幹線や特急列車、最新車両のプラレールの展示をはじめ、大迫力の巨大ジオラマも設置される。また、「ディズニー ドリームレールウェイ」の車両にスワロフスキーのクリスタルが1万粒以上をちりばめた特別車両も展示されるという。

続きを読む

【米国発】子どもが主役!シアトルの親子向け公演事情

「おおきな みどりのおへやのなかに……」で始まる絵本『おやすみなさい おつきさま(原題:Goodnight Moon)』。幼稚園の先生をしている先輩お母さんがプレゼントしてくださるまで、筆者はこの作品を知らなかったのだが、「これを読むと、子どもたちがすぐうとうとするのよ」と言われたので、すぐに我が家のレパートリーに加えることにした。



それから数年たった今はテープで修理し続けてボロボロだが、4歳ともなると、話の流れもキャラもわかるし、細かいところまで気づくようになるのが面白い。質問も出てくれば、想像で話を発展させていくし、自分で読めるようになると、本を開いてじっと見入っていることがあるのが不思議な感じだ。

そんなある日、シアトル・チルドレンズ・シアターの定期公演で、その舞台版が上演されることを知った。息子は「行く!」と二つ返事だったので、さっそくチケットを買った。大人は一人40ドル、子どもは一人33ドル。
(結構な値段なのだが、シアトル発のクーポン・アプリで、大人は無料に!)
Seattle Children's Theatre
http://www.sct.org/Shows/2014-2015-Season/Goodnight-Moon

続きを読む

西武グループ、「生きる体力」を育む体験学習の場「西武塾」の募集を開始

首都圏の大手私鉄である西武鉄道やプリンスホテルなどの事業でおなじみの西武グループでは、小学生の子どもを対象に、年間を通じてさまざまな体験学習の場を提供する、「西武塾」の2015年度塾生の募集を本日2月20日より開始した。

「西武塾」は、同社の社会貢献活動として提供されており、西武グループが展開する施設を中心に、おもに同社のボランティア人材によって運営されているプログラム。


続きを読む

「アンパンマンスイートルーム」が神戸にオープン

神戸のウォーターフロントに立つ「ホテルオークラ神戸」では、「神戸アンパンマンこどもミュージアム」とのコラボ企画として、同ホテル内に「アンパンマンスイートルーム」を1月31日からオープンする。


レジデンシャルスイートルームを改装した、114平方メートルの広さを誇る客室は、ドアをあけたすぐ先にアンパンマンの世界観を取り入れたキッズスペースが広がるなど、滞在中ずっとミュージアムの夢の時間が続く特別感を演出。
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク