MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

グッズ

ばいきんのスタンプで手洗いをサポート「手洗い練習スタンプ おててポン」新発売

シヤチハタは、子どもの手洗い練習ツールとして「手洗い練習スタンプ おててポン」を11月28日より発売する。本商品は、子どもの手のひらに“ばいきん”のイラストをスタンプし、印影がきれいに消えるまで石けんを使って手洗いを促す、新発想の手洗い練習ツール。

otetepon

続きを読む

立体を描ける3Dプリントペンにキッズ向けラインナップが登場

文具・事務用品等の販売で知られるナカバヤシでは、全世界で13万台以上の販売を記録した、世界初の3Dプリントペンの子ども向け製品「3Doodler Start(スリードゥードゥラー スタート)」(製造元:米国WobbleWorks社)の発売を開始した。

image

同商品は、パソコンやソフトを使わず、空中に文字や絵を描くような感覚で、思いのままに立体アートを製作できる子ども向けの3Dペン。なお対象年齢は8歳以上となる。

続きを読む

さかなクン監修の「ギョギョライフシリーズ」登場! 回転寿し、おえかきすいそう、深海魚グミ

タカラトミーアーツは、さかなクンと共同開発したお魚をテーマにした商品「ギョギョライフシリーズ」の発売を開始する。


10月27日に発売開始となる『ギョ!ギョッ!とにぎるよ!!さかなクンと回転寿司』(6,500円・税別)は、おうちで回転寿し気分を楽しめる商品。また11月10日には、カードに描いた絵をiPhoneのカメラにかざすことで、水そうの中で泳ぎだす『さかなクンとおえかきすいそうピクチャリウム』(2,300円・税別)と、好みのジュースで“超巨大深海魚グミ”を作ることができる『深海魚研究所』(全2種/2,980円・税別)が発売される。

続きを読む

3,500gまでの新生児用小さめサイズのパンパースが全国発売開始

P&Gの紙おむつブランドであるパンパースから、「パンパースのはじめての肌へのいちばん」シリーズの新たなラインナップとして、“新生児用小さめサイズ(3.5kgまで)”が10月22日より全国で発売開始される。


発売の背景には、2,500g未満で生まれる低出生体重児の増加がある。厚生労働省の2014年人口動態統計によると、全出産に占める低出生体重児の割合は、1985年の5.7%と比較すると2014年には9.5%になっており、およそ10人に1人が低出生体重児である。

そのため「小さな赤ちゃんによりフィットした小さめのおむつが欲しい」というニーズに答える形で、3,500gまでの“新生児用小さめサイズ”の発売を全国に拡大することになったという。

続きを読む

運転士目線と車窓がスマホで楽しめるプラレール「ダブルカメラドクターイエロー」が新発売

タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、ドクターイエローの車両に搭載した2台のカメラの映像をスマートフォンで見ながら操作できる「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を10月13日から発売する。

本商品では、車両先頭に搭載した「運転士カメラ」と、車体側面に搭載した「車窓カメラ」の2台のカメラから、運転士目線と乗客目線をスマートフォンの専用アプリを介してリアルタイムで楽しむことができる。

続きを読む

母乳育児ママの「ちょい足し」ニーズをかなえる、小容量の個包装タイプ粉ミルクが新発売

雪印ビーンスタークは、母乳育児ママからの「母乳が足りなくて、少し補いたい時」など、「ちょい足し」ニーズをかなえる、50mlの個包装タイプ粉ミルク「すこやかM1 ミニスティック」を2016年10月から順次販売スタートする。


厚生労働省の平成22年乳幼児身体発育調査によると、生後1ヵ月頃に母乳のみで育てる母親は51.6%と半数以上を占めており、粉ミルクに対するニーズは多様化している。

続きを読む

水でくっつくキューブブロック「クイックセルズ」で2.5次元的世界づくり

メガハウスは、水でくっつくキューブブロックで立体物が作れる「クイックセルズ」シリーズを7月下旬から発売する。

「クイックセルズ」は、付属のデザイントレイ上に、5mmの角ブロックを配置し、水を吹きかけて約30分乾燥させると、ブロック同士がくっついて、ドットイラストのような立体物が作れる商品。子どもが自由に自分のデザインした世界を創り出すことができる。


続きを読む

高反発クッションを採用した子供靴用インソール

靴用品メーカーのコロンブスは、子供靴用の中敷き『ハイ!クッションこどもインソール』を発売する。素材には、歩く際に足が地面を蹴り出す力をアシストする「高反発クッション(EVAクッション)」を採用。衝撃吸収素材のため、長時間の歩行や活発に動くときに足にかかる負担を軽減することが特徴。

続きを読む

シリコン製の柔らかい触感でドット絵アクセサリーづくりが楽しめる「ドッツ」が日本上陸

ザ・ドッツカンパニージャパンは、アメリカやヨーロッパで人気のドット絵アクセサリー製作キット「ドッツ」シリーズを日本で販売開始することを発表した。


「ドッツ」は、カラフルなシリコン製のブロックを使って、スマホケースやネームタグカバーなどの上にドット絵を作成して楽しむ商品。「ドッツ」のブロックは手で簡単に小さなピースに切り離すことができるため、子どもでも比較的容易に扱えることも特徴。同社では、本商品での遊びを通じて、子どもの創造性やデザイン能力をはじめ、微細運動能力、空間視覚能力、パターン認識能力の向上にも役立つと銘打っている。

続きを読む

学研の科学キットから極上のスライムがつくれる最新刊が登場

学研は「科学と学習PRESENTS」シリーズの最新刊として、手にくっつきにくくてよくのびるスライム『妖怪ドロリンスライム 』を発売した。キットとガイドブックがセットになった本体価格は1,500円(+税)。

image

スライムは水溶性の植物繊維グアガムを主原料にしており、実験ケースに水と4種類の「スライムのもと」を入れてまぜることでつくる。完成すると子どもの背よりものびて、息を吹き込むと頭より大きくふくらませることも可能。保管ケースもついているので長く楽しめる。
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク