MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

mamapicks

1歳半からの『はじめてのプラレール』人気の新幹線3種をモデルに登場

タカラトミーは、人気の鉄道玩具シリーズ「プラレール」の新商品として、1歳半から楽しめる『はじめてのプラレール』を2月15日から全国で発売を開始する。E5系新幹線はやぶさ、N700系新幹線、923形ドクターイエローの全3種で、希望小売価格は1,380円(税別)。


©TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
JR東日本商品化許諾済 JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済


本商品は、1歳半頃の子どもが楽しめるように工夫されたプラレールで、実在の新幹線のデザインをベースにしながらも、丸みを帯びたカラフルで可愛いデザインを採用。

続きを読む

「名もなき家事」も換算できる家事年収シミュレーターを公開

共働き世帯のための戸建住宅「家事シェアハウス」を展開する大和ハウス工業では、いわゆる「名もなき家事」を含めた「家事年収シミュレーター」を同社サイトで公開した。

「名もなき家事」とは、脱ぎっぱなしの服をクローゼットにかけたり、不要なチラシを捨てたりといった、一般的に家事として認識されにくい行為について総称した造語であるが、今回のシミュレーターでは、こうした「名もなき家事」に要する労力も年収に換算できる。


続きを読む

夫婦間の収入格差「妻よりも収入が少ないのはいやだと思う」男性は5割

ジブラルタ生命では、20歳~59歳の就業している男女2,000名を対象に、「働く男女のお財布事情とホンネに関する調査2017」を実施し、その結果を発表した。

調査ではまず≪女性の社会進出についてのホンネ≫をきいており、「女性の社会進出には、男性の家庭進出が不可欠だと思う」ことに「非常にそう思う」「ややそう思う」を合わせた『そう思う』割合(以下同)は、男性75.6%、女性79.6%となった。一方で、男性への「子どもが小さいときは、妻には家にいて欲しい」という質問には、72.2%が『そう思う』と回答、女性には「子どもが小さいときは、できることなら家にいてあげたい」かきいたところ、82.4%が『そう思う』と回答した。

また、≪夫婦間の収入格差≫に関する質問では、男性が「妻よりも収入が少ないのはいやだと思う」ことに『そう思う』と答えたのは半数の50.0%、女性が「夫よりも収入が多いのはいやだと思う」ことには30.0%が『そう思う』と回答した。“妻のほうが収入が多い”という家計状況を気にする割合は、女性より男性のほうが多いことがわかった。

続きを読む

【取材】なぜゴルフを通じて子どもの人間力が育まれるのか? アコーディア・ゴルフ「ザ・ファースト・ティ」プログラム体験レポート

国内最大級のゴルフ場運営会社である株式会社アコーディア・ゴルフでは、2017年11月23日、ゴルフで子どもたちの教育や人格形成をサポートする「ザ・ファースト・ティ」プログラム体験会を兵庫県・西宮市の「アコーディア・ガーデン甲子園浜」で開催した。

もともと「ザ・ファースト・ティ」はアメリカで発祥したもので、これまでに全世界で1,300万人以上の青少年が参加した教育プログラム。「9コアバリュー」と呼ばれる、ライフスキルの中核となる、≪正直・誠実・スポーツマンシップ・尊敬・自信・責任・忍耐・礼儀・判断≫について、ゴルフをプレーしながら学んでいくもの。

この日は秋風が吹くなか、小学1年生から6年生まで47人の小学生が参加し、「礼儀」のプログラムを体験した。なお参加者の約半数はゴルフ未経験の子どもたちであった。


続きを読む

ストッケからオプションでおむつ替え台にもなるドレッサーが発売

ロングセラーのベビーチェア「トリップ トラップ」などで知られる北欧ノルウェーのベビー用品ブランド、ストッケでは、洋服やおもちゃを収納できるドレッサー「ストッケ ホーム ドレッサー」と、ドレッサーと組み合わせることでおむつ替え台になる「ストッケ ホーム チェンジャー」の販売を開始した。


続きを読む

【レポート】幼児期までは五感をフル回転させながら味覚のストックをどんどん増やしてあげて!


グリコ「幼児のみもの」果汁・野菜汁シリーズでは、今回「幼児オレンジミックス」と「幼児野菜&フルーツ」、「幼児1日分緑黄色野菜」のおいしさ&やさしさがさらにアップ! そこで、予約のとれない食育講座としてママたちから絶大な支持を得ているフードアナリスト、とけいじ千絵さんに、幼児期に与えたい子どもの飲料と味覚の育て方についてお話を伺いました。子育て中のママ必見です!

続きを読む

紙おむつのニオイを99%防臭する強力消臭おむつ処理ポットが発売

アップリカは、強力消臭おむつ処理ポット『ニオイポイ』の発売を開始した。専用カセットフィルムに強力消臭成分配合し、うんち臭の一部である硫化水素、おしっこや汗のアンモニアといったニオイの元を消臭の上、抗菌する。

続きを読む

創刊93年となる『子供の科学』が創刊号から最新号まで並ぶ企画展を開催

今年で創刊93年となる月刊誌『子供の科学』では、9月23日(土・祝)から26日(火)の4日間、発行元の誠文堂新光社イベントスペースにて、企画展『創刊号からの子供の科学 93年史展』を開催する。


続きを読む

粉ミルクに混ぜてビフィズス菌を摂取することで乳児の腸内環境を整える新商品


雪印ビーンスタークは、「ビーンスターク 赤ちゃんのプロバイオ ビフィズスM1」を9月より発売する。本商品は、生後すぐの赤ちゃんから使用できるビフィズス菌オイルドロップス型で、1日6滴を粉ミルクに混ぜることで10億個の生きたビフィズス菌が届く。

続きを読む

スニーカーのソールを採用した機能性に富んだキッズ用レインシューズが登場

シューズメーカーのムーンスターでは、スニーカーと同じソールを採用したキッズ用レインシューズの発売を開始した。


一般的なゴム製の長靴は、防水性は高いものの子どもにとっては重くて動きにくくなりがち。本商品では、屈曲性のあるスニーカーと同じソールを採用するとともに、筒部分の柔らかい合皮素材が足の動きに合わせて柔らかくフィットすることで、動きを妨げないところが特徴。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi