MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

mica_washino

保育園・きょうだい別園から同園に至る顛末と同園のメリット

毎年秋になると、次年度4月入園の話が聞こえはじめる保活界隈である。
東京では、早いところで9月には翌年4月入園の受付がスタートしているからなのだが、筆者の居住区などは締め切りが設定されているだけで、言ってみれば年中受付しているので、この時期そんなに焦った声は聞こえてこない。

自治体でルールが大きく異なるのも、保活とよばれるものを激化させている要因のような気もしている。

さて、筆者宅に次男が誕生して1年半。そのうちの1年4ヵ月は別々の保育園で過ごしてきた我が息子たちであったが、9月から同じ保育園に通えることになった。


決まる時というのは本当に急である。

2月末生まれのため、0歳児クラスには5月に入園した次男。約1年間を片道45分かかる距離の保育園で過ごし、抱っこ紐登園だったので親は次々と腰痛で倒れた。

そして今年4月に転園申請が通ったものの、あいにく兄弟同園にはポイントが足らず、至近距離に建つ別々の園でその後の半年を過ごしていた。

長男は現在5歳児クラスのため、次男の転園に際し、きょうだい加点が使えるのは今年度が最後となる。

「もう諦めてここに腰を据えようか」

そう構えはじめた矢先だった。

続きを読む

“子どもを守るために知っておきたいこと”とは何なのか

引き出物が話題になる披露宴も久しぶりだなー、とぼんやりワイドショーを眺めている。

水素発生器……。

いまだ水素水すら飲んだことがないのだが、体にいいとかそうでもないだとか、ちょっと検索するとあれこれ出てくる。もし私が神経質な方ならば、「ああ、もう誰が言ってることがホントなんだかわからない!」と気に病んだだろうか。

■なにかと“リテラシー”を求められる、21世紀に親になる私たちへ


幼児期の子どもは、なぜあんなに質問を四六時中親にぶつけてくるのだろうか。
自然の摂理から科学的要素を含むもの、さらには哲学まで。

育児というのはあらゆるジャンルの戦いを全方向から同時に挑まれている、総合格闘技に近い。こちらだって、子どもを育てるのは初めてだし、専門外のことにはさほど詳しくもない。それなのに「お母さん」というだけで、日々発生する子どもの疑問・質問・トラブルを片っ端からやっつけていかねばならない。

≪親として必要なスキルに、瞬発力とマネジメント能力、圧倒的な脳内データ量がある……だなんて、産む前に誰も教えてくれなかったではないか≫

自信のない分野で責任を背負って、いつも精神的にパツパツな現状に対して、「お困りですね? 教えてあげますよ!」と強いリーダーシップを示されたら、ついていってしまうかもしれない。それが多少「おかしいな?」と思う説明だったとしても。

最近話題になっている本『各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと』(メタモル出版)を読んだ。著者陣には、同じくメタモル出版から出ている「専門医ママ」シリーズの面々が名を連ねている。

事典代わりにおいておきたい「専門医ママ」シリーズに対して、本書は「リテラシーを身につけるための教科書」という雰囲気だろうか。ネットを眺めていると近年定期的に上がってくる、“あんな話“や“こんな話”について、各分野の専門家の視点から言及されており、興味深い。

image

続きを読む

【書評】「もしもし、ほっぺが落ちそうですよ?」 ――『赤子しぐさ』のイラストに我が子の赤ちゃん期を重ねて萌える!


「キエァァァァァ~!」

平日の朝7時半のことである。
けたたましい乳幼児の雄叫びで目が覚める。
声の主は長男か、次男か?どっちだ?

「何?どうした?誰?」

あわててリビングに行くと、そこには、“朝食が用意されているのにだらだらと中途半端に服を着たままボーっとしている5歳児”と、“先日私が間違って買ってしまった9ヵ月用の離乳食を夫に出され、全力で嫌がっている1歳児”の姿があった。

「ボクは!もう!赤ちゃんではありません! だから!こんなドロドロのものは!食べないのです!」と、椅子から落ちそうになりながら必死で訴える1歳児。声の主はこちらであった。

……我が家においては、もう“赤ちゃん期は遠くなりにけり”である。

続きを読む

ゲームと子どもと夏休み ――「ポケモンGO」と過ごした1ヵ月


「わー!もうちょっとなのに!」
「ママ、ちょっと貸して、おれがやるから!」
「もうちょっとだから!あ、でも急いで!遅れちゃうから、わー!」

子ども二人を連れて登園中、先に立ち寄った次男の保育園の玄関先でのこと。
年長さんくらいの男の子とママ。
自転車で登園してきて降りたところで、スマホと格闘している。

どうかしました?と話しかけようとしたとき、長男が先に画面を覗き込んでいた。

「あ、ポケモンやってる!」

この親子、そういえば最近よく近所で見かけていた。
自転車の後部座席に乗った男の子がずっとスマホをいじっている。
信号待ちでチラッと見たところ、モンスターボールを投げているのを確認できた。

「ちょっとかして?」

私が次男をベビーカーからおろしている間に、長男が勝手にその親子の間に入り込んでポケモンを捕まえようとしていた。

「スーパーボールにとりかえるでしょ? “ズリのみ”はこうやってつかうんだよ!」

長男のレクチャーに、その母親は感心していた。あまり取説を読まないままゲームを始めていたのだろう。

「あ、またボールからにげちゃった」

人様のモンスターボールをムダに消費するのもどうかと思い、最終的には筆者に代わってもらい、一発で仕留めた。

相手はCP 500のゴルダックだった。どうってことはない。


続きを読む

“なんでもなかったあの日”の記録に使える「ミタマンマメガネ」

1歳3ヵ月になる次男は、最近つかまらずに立つことができるようになった。

「うわあ!立った!立った!」

まるで『アルプスの少女ハイジ』でいうところの“クララが立った”状態になった我が家。
ところが、全員が舞い上がって、誰一人としてその瞬間を写真や動画に収められなかったのである。

子どもは動きが速い。

こちらの意図に反してすぐ動いてしまうので、シャッターチャンスを何度逃したことだろうか。

スマホ? シャッタースピードが追いつかなくてぶれる。
一眼レフカメラ? 出すのがめんどくさい。
さらに、本人がカメラに気づくと、すぐ動作をやめてしまう。

なんか、こう、私の目に映るものがそのまま記録できないものだろうか……。

♪チャララチャッチャラ~
 「ミタマンマメガネ~!」
(※未来の世界の猫型ロボットがポケットから物を取り出す音とともに)

続きを読む

夏の“ラン活”狂騒曲 ――ランドセルが買えない!? 争奪戦の現場から

2ヵ月ほど前、ランドセルについての記事を書いた。

え、もうランドセル? ――2017就学へのカウントダウン
http://mamapicks.jp/archives/52200117.html


前回触れなかった話だが、最近のランドセルにはサイズが複数ある。
A4サイズが入るのはどれもそうだが、それがクリアファイルサイズなのか、フラットファイルサイズなのか。

そこまで聞いて「はあ?」というリアクションの筆者だったが、学校の連絡帳入れというのがどうもA4よりすこし大きなサイズらしい。

「両手がフリーになるから、ランドセルは大きくてものがたくさん入る方がいい」
「クリアファイルサイズでも、ちょっと曲げればフラットファイルはいるよ」
「軽くて大きい方がいいよ」
「いやあ、どうせ雑に扱うんだからなんだっていいよ」

≪……うわあーーーーーーーーーー!≫
≪何を買ったらいいのだあーーーー!≫

完全に混乱したまま、すべてを棚上げにして数ヵ月が経過していた。


続きを読む

【書評】赤子の愛しさよ永遠に!『赤ちゃんのしぐさ』にキュンキュンする件

子どもなんて、好きじゃなかった。
うるさいし、いうこときかないし、鼻水とかこすりつけてくるし……。

―― それでも、いろいろ背負って、私は親になった。

独身の時に思い描いていたような“しつけも情操教育もバッチリな余裕のある親”になんかちっともなれていないけど、それなりに、いま目の前にあるタスクを、もぐらたたきのようにやっつけながら、日々を過ごしている。

忙殺という言葉がお似合いだった乳児期を超え、手の中にいたはずのちいさな赤子は、なんだか図体のでかい生意気な子どもになっていた。

「……あれ、私、なんだか、赤ちゃん期をまったく堪能できなかったな」

友人たちに出産ラッシュが訪れ、生後1ヵ月やそこらの赤ちゃんを日々拝んだ。

「……ふわぁ!」
文字に起こすとこんな感じの声が漏れた。


続きを読む

子どもの自転車「補助輪外し」に至るつれづれ

それは35年ほど前、まだ筆者が幼稚園児だった頃のこと。
庭で、自転車の後ろに友だちを乗せて走る、「タクシーごっこ」が仲間内で流行っていた。

同級生たちの自転車は軒並み補助輪が外れていたが、筆者はいつまでたっても補助輪つき自転車を“愛用”していた。


「ねえ、ガラガラうるさいよ。これじゃ電気タクシーだよ!」
そういって同級生たちは笑うのだった。
おそらく、“ガラガラ”→雷→電気、という連想ゲーム的発想だったのだろう。

“電気タクシー”の安定感は大変に素晴らしいものだったが、いささかの恥ずかしさと悔しさを抱えつつ、結局補助輪なしの自転車に乗れるようになったのは、小学校に上がってからではなかっただろうか。

だから筆者は心配をした。
5歳になる長男が、なかなか自転車に乗れないのではないかと。

続きを読む

え、もうランドセル? ――2017就学へのカウントダウン

4月20日過ぎのことである。
何の気なしに立ち寄った近所のショッピングモールに、ランドセルの売り場ができていた。
ああ、新学期が始まっても売り場って残ってるんだなあ、と思って見上げたPOPに書いてあった文字は……

\ 「2017」 /

……来年のか!

そうなのだ、もう来年4月入学用のランドセル販売がスタートしていたのである。


筆者の長男は現在年長さん。来年の4月には小学生になる。
親の感覚としては、「小学生に“なってしまう”」という表現にしておきたい。

この間産んだばっかりだったような子も、ごはんを食べるようになり、立って歩きはじめ、いっちょまえにイヤイヤをし、イヤイヤ期から区別がつかないまま生意気になって、5歳現在、反抗期の絶頂である。

生まれてからこれまでの間にいろいろあった気はするのだが、「来年は小学生」というパワーフレーズの前に全部吹き飛んでしまった。

続きを読む

「みいつけた!」の『グローイング アップップ』にわが子の成長がシンクロして朝から泣かされる件

宮藤官九郎×星野源という、今をときめくコンビによって作られた曲を毎朝聴ける番組が存在する。NHK Eテレで放送中の「みいつけた!」である。(毎週月~金・朝7:45~8:00)

このコンビでの楽曲は番組開始当初から数曲存在するのだが、満を持しての新曲が3月から放送されている。それが『グローイング アップップ』だ。

歌っているのは“みやけマン”としてや、「いすのまちのコッシー」のコーナーで声優としても出演している三宅弘城さんと、おなじく「いすのまちのコッシー」でデデコさんの声などを演じている内田慈(うちだ ちか)さん。

image

“イス”の主人公が出てくる番組だけに、イスと子ども、それぞれの目線からの成長とお別れについて描かれている。

3月に放送されていた「1ばん」では、お姉ちゃんのお下がりだった、子どもが座る食事用のイス“ごはんのいす”が成長に伴い窮屈になり、“いとこのマーくん”にあげることになった……という、主人公の男の子とイスとのお別れについて歌われた。

卒園シーズンと重なり、Twitterのタイムライン上では「これまではコミカルな曲が多かったのに、このコンビで泣ける曲を出してくるとは!」と朝から号泣のお母さんお父さん方が続出していた。

そして4月からは「2ばん」が放送されている。
卒園シーズンも過ぎ、視聴者それぞれがあらたな春を迎えた今、“クドカン”がどんな内容を持ってくるのか、興味を持って放送初日を見守った──。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク