MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

お弁当

管理栄養士ママの知恵、時短調理にフリージングのススメ

かれこれ私は、娘のお弁当を幼稚園~小学校卒業まで9年作り続けてきました。そしてこの春、娘は中学生となり、きっと高校もお弁当だろうから、これから6年。さらに小学1年生となった息子が、中学・高校となれば、さらにそこから6年。私は合計21年もほぼ毎日、弁当作りをする計算です。まだまだ折り返し地点、しかも量が増えていくのでしょう。

さて、私は管理栄養士なので、「お弁当がおいしそう」とか「栄養バランスがとれそう」とか「手間をかけていそう」などとよく言われます。しかし実際は、キャラ弁は作りませんし、手間をかけた料理に限って残されるという洗礼を受け、あまり頑張らないことにしました。いえ、正直に言いましょう。手抜きしています。

お弁当には好きなものを多く入れることにしているので、毎日決まって卵焼き、あとは、から揚げや肉だんご、コロッケなど、子どもが大好きなメニューは高頻度で入っています。いたって普通のお弁当を9年間作ってきました。

しかし、ひとつだけ、ちょっとしたコツがあります。
それは、「野菜を事前に調理し、冷凍しておくこと」です。

よく言われることなので、誰でもしていることかもしれません。または「そんなことはわかっているけれど、その準備をする時間がないんだよ」という声も聞こえそうです。

わかります。でもそれをするだけで野菜を簡単に取り入れることができ、1品増やすことができるのです。


続きを読む

【コラム】運動会弁当 ~母たちの戦国~

「運動会」という文字を見ると鬱になる。小中高と体育の成績が2と3しかなかった運痴ゆえ、各種競技を思って雨乞いに勤しんでいた幼少期とは違う理由で、ここ数年は鬱になる。

「弁当を作らないといけない……」プレッシャー。しかも大量に、だ……。


ありものをチンマリ詰める幼稚園児弁当や、ありものをガバチョと詰める長期休暇の学童保育弁当などですら、憂鬱感を以て製作する非日常的弁当者の筆者にとって、さらに一味違った運動会弁当のボリューム感には、まずおののく。

そこに、イベントものゆえに、子どもらから弁当のメインオカズに対するリクエストが入る。「なんてったって唐揚げがいい~~~!」って朝っぱらから揚げるのかい……肉。

そう。運動会たるもの、「子どもが喜ぶお弁当を作らないといけない……」のは必至、しかも大量に、なのだ……。


続きを読む

【コラム】「子のため」の飯炊きの日々が辛いワケ ~授乳期からつづく系譜~

我が家の小学生が夏休みに入った。夏休み、母親として何が辛いといって、その小学生の昼飯作りに尽きる。給食という制度の有り難味に心から平伏したくなる瞬間が毎昼のように訪れる。いつもなら夕飯だけに頭を悩ませればよかったものが昼飯まで……ハッキリ、重圧だ。


だいたい中年真っ盛りな母親のヤワな胃腸に対し、成長期まっただ中にある小学生女子の食欲はあまりにも容赦ない。昨年(小学3年生)までは学童にお世話になっていたものだが、そのとき持参させていたお弁当からしてもう、過日の園児弁当の面影は無い。見た目も量もがっつりを所望、量的には既に父親に持たせる弁当を凌駕していた。

その点でいえば今年は、お弁当じゃないだけ手間からしたらマシである。諸般の事情で「作れなかった」場合にもリカバリが効く。実際、母親の体調が思わしくないとなれば子はあっさりお使いを申し出てくれる。しかし買って来られる量と金額のことを思うと、母はムクリと起きあがらざるを得ない。

まあどっちにしても、「お腹いっぱい食べたいのー!」と所望されること自体、どうも親にとってかなりなプレッシャーとなっていることに、最近になって気づいた。果たしてこの「おなか一杯にさせて!」という、要求の持つ圧力……この根源に思いを馳せるだに、間違いなく「授乳」のあの頃にまで遡ることができる……気がするのである。続きを読む

ウインナーの飾り切りは「タコ」が8割、「カニ」も5割超!「ウサギ」「ペンギン」も

パルシステム生活協同組合連合会では、「子どものお弁当に関する調査」を実施、その結果を発表した。

その内容によると、ママが作るお弁当のおかずは、1位が「たまご焼き」、2位が「鶏のから揚げ」、3位が「ウインナー」、という結果に。そして、「キャラ弁にチャレンジ」したことがあるママは、小学校低学年の児童を持つママでは約3割弱、また、手作り弁当自慢をネットで公開したことがあるママは、20代では3割強という結果になった。

同調査では、子どものお弁当のウインナーに関しても詳しく切り込んでおり、「飾り切り」を入れた経験がある割合は84.2%にのぼっていることがわかった。

takosan
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi