MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

アプリ

スマホを使って遊んだことのある乳幼児は6割弱も、早い時期からスマホに接触する機会について肯定派は3割ほど

モバイルに特化した民間の調査研究機関であるMMD研究所では、スマートフォンを所有している0~5歳までの子を持つ20~40代の女性558人を対象に、「2015年乳幼児のスマートフォン利用に関する実態調査」を行いその結果を発表した。

調査結果によると、「子どもがスマートフォンを使って遊ぶことがあるか?」という質問には、「子ども一人でも遊ばせている」が21.3%、「子ども一人では遊ばせないが、一緒にいる時に使う時は触らせている」が37.5%で、合計6割弱の乳幼児がスマートフォンに接する機会があることがわかった。


さらにスマートフォン接触頻度についてきいたところ、「ほぼ毎日」と回答したのは26.5%であり、「週に2~3回程度」が最も多く35.1%、「ごくたまに」という回答が29.3%でつづいた。

続きを読む

母子手帳副読本のアプリを配信開始

「母子健康手帳 副読本」のスマホアプリが10月から公開された。制作協力は女性の健康情報サイト「ルナルナ」を運営するエムティーアイ。

「母子健康手帳 副読本」は、公益財団法人母子衛生研究会が、母と子の健康を保持・増進させることを目的とし、妊娠・出産・育児に関する情報を掲載している冊子。自治体を通じて年間約100万人の妊婦に向けて、母子健康手帳と一緒に配布されている。


続きを読む

iPhoneの新CMは「子育て」がテーマ!ところであのアプリは?

先日7月19日からiPhoneの新しいCMがオンエアされた。過去のCMもライフスタイルに寄り添った利用シーンを想起させる映像が印象的で、この3連休中に今回の新CMをなんとなく目にした読者も多いかもしれない。今回は「Parenthood」をテーマに、子育てシーンで親がiPhoneをどのように役立てているかが描かれているという。

「Parenthood」のビデオを見る|Apple
http://www.apple.com/jp/iphone-5s/powerful/?cid=wwa-jp-kwg-iphone-com

映像ではさらっと流れているが、「あのアプリは何?」という話題が多いこともあり、CMでピックアップされているなかからとくに気になるアプリをいくつか紹介したい。

続きを読む

学研、同社の人気絵本も配信するストア型絵本アプリ「がっけんのえほんやさん」をリリース

学研教育出版は、iPhone・iPad向けにストア型の絵本アプリ「がっけんのえほんやさん」の配信を開始した。

『おおきなかぶ』『ももたろう』といった世界の名作や日本昔話のほか、累計200万部を超える人気絵本「ぴよちゃん」シリーズ、菊田まりこさんのベストセラーとして一世を風靡した『いつでも会える』など、同社が手がけた絵本も配信する。なお、現在は『おおかみと7ひきのこやぎ』が無料で楽しめる。

続きを読む

母親のスマホ利用実態調査:約7割が早い時期からの子どものスマホ接触に「反対」、子育て支援・記録アプリは低い利用率

モバイル関連のマーケティング機関であるMMD研究所では、「子供のスマートフォン利用に関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。調査対象は0歳~6歳までの子を持ち、スマートフォンを所有している20代~40代の女性513人。

image

まず、「お子さんと一緒にスマートフォンを使って遊んでいますか?」という質問に対しては、「よく使っている」(13.8%)、「時々使っている」(32.9%)を合わせ、約半数近くとなる46.7%の方が、子どもと一緒にスマートフォンで遊んでいることがわかった。ただしまったく「使わない」とする層も33.5%にのぼった。

続きを読む

子どもとメディアのちょうどいい関係を考える ~デジタルコンテンツ事業従事者の視点から~

乳幼児をもつ母親を対象にしたアンケートで、回答者全体の約6割がスマートフォンを所有していることが明らかになったのは、当サイトでも既報のとおり( http://mamapicks.jp/archives/52120586.html )だが、かくいう筆者もその6割の中に含まれ、息子と義母を除いた家族全員がiPhoneを所持している。


母が子守に来ているときは父に電話をして息子と話をさせる――スマートフォンで。
家族が全員集合すると、両親は今がチャンスとばかりに孫の写真を撮る――スマートフォンで。
3歳児がかっこつけて踊っているさまを動画に収めることだってできる――そう、スマートフォンならね。

ネット依存気味の筆者の父に至っては、来宅中もずーっとFacebookを見ているので、孫である息子は「その電話ボクより面白いの? くやしい!奪ってやる!」になるのも当然である。

「子どもとメディア」に関しては私たちが子どもの頃から繰り返し議論されてきたテーマであるが、つい先日、親としてそれを実感する出来事があったので書くことにする。

続きを読む

『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』のリズム遊びアプリが登場

知育アプリの累計ダウンロード数が450万を超えるITベンチャー、スマートエデュケーションでは、NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』と『みいつけた!』2番組のオリジナルソングが満載のリズム遊びアプリをリリースした。なお、両番組のアプリがAppStoreとGooglePlayでリリースされるのは初めてとなる。


続きを読む

子ども向け知育アプリが乱立の様相、事業者の思惑は?

昨年あたりから今年にかけて、子育て世代におけるスマホ&タブレット端末の普及に合わせるように、急速に開発競争とサービス乱立の様相に入った感のある、ここ最近の子ども向けアプリ市場。とりわけ「育児記録」そして「知育」を標榜したものが多い。

本稿では「知育」に関連するアプリからいくつかサービスを紹介したい。

まずは、アニメーションの童話や童謡を楽しむことができる「えほんであそぼ! じゃじゃじゃじゃん」。定番の童話を、紙芝居風や学芸会風など、子どもを飽きさせない新しい演出で制作しており、アニメを観るように名作童話やオリジナル童話を楽しむことができる。

また、おなじみの童謡も、子どもが真似できる楽しい振り付きで、現代風にアレンジしているのが特徴。


続きを読む

赤ちゃんから質問が届く!夫婦のための子育て支援アプリ「ベビーコール」

「私が生まれたら、ママはお仕事どうするの?」「ベビーカーを選ぶときに大切にしたいのは?」など、妊娠・出産から子育て期は、大なり小なり夫婦が決断をせまられる日々が続く。そんな2人の子育てをサポートしてくれるお役立ちアプリ「ベビーコール」が登場した。運営元は「アンパンマン」や「ルパン三世」「名探偵コナン」などのアニメーション制作で知られるトムス・エンタテインメント。

このアプリのユニークな点は、月齢に応じて先回りで、赤ちゃんからの質問形式で夫婦で考えたい内容がメッセージとして届くところ。(※事前にお子さんの写真を登録する)2択もしくは3択からの回答で、夫婦間での子育て情報の共有や会話のきっかけにもなる。さらにお住まいの自治体の子育て支援情報もタイムリーに提供される。

続きを読む

子どものしつけの例え話がリアルなアプリに!「鬼から電話」

「言うこときかないと鬼が来るよ!」「寝ないでいるとおばけが出るよ!」という、昔じみた子どものしつけの物の例えを実現してしまうスマホアプリが登場した。その名も「おにから電話」。

「言うことをきかない時」「歯みがきをしない時」などの6つのシチュエーションで、「鬼」や「お化け」たちからスマートフォン越しに着信、お子さんのしつけをサポートする、という主旨のユニークなアプリだ。子育ての困った!のここぞのシーンで、役立つかもしれない。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi