MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

エコポニー

「エコポニー」「エアースイマー」……大ヒット玩具を次々と発信するラングス ジャパン社長インタビュー ~3人の子を育てたママの視点から、日本の遊び文化へ提言~

200万個を販売した「スナップウオッチ」、20万台を販売した「プラズマカー」、25万個発売した「リップスティック」などのヒット商品をはじめ、最近では「ラングス エコポニー」や「エアースイマー」といった話題性のある商品を送り出している。
子どもだけではなく、買ってあげた親も一緒に夢中になって楽しめるスポーツ玩具を中心として、心をわくわくさせるユニークな商品を続々リリースしている企業がラングス ジャパンだ。

rangsjapan

同社社長の小林美紀さんは、就業経験はゼロで、子育てをしながら34歳の時に起業した。オーストラリアからブーメランの輸入を始めたのがきっかけだ。その後、取扱商品の幅を広げ、現在では年商20億円を超えようという規模に成長した。その原点は「心ときめかせる、面白いものを見つけて広めたい」という純粋な思いである。
編集部ではこのたび、小林さんに話を伺った。続きを読む

「エコポニー」をプレゼント!

10/7(金)放映の『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)でも紹介された、まるで乗馬をするような直感的動作で乗り心地を楽しめる玩具「ラングス エコポニー」。以前当サイトでも紹介したこちらの商品(子供用、うま、18,900円/税込)を、抽選で1名様にプレゼントします。

試乗の様子はこちらから

rangsecopony

応募方法は、「MAMApicks」をTwitterでフォローして、以下のツイートするボタンからツイートするだけ。当選された方には、編集部から直接ダイレクトメッセージをお送りします。たくさんのご応募をお待ちしております。

★「ラングスエコポニー うま」を1名様にプレゼント!

【賞品・応募数】
「ラングスエコポニー うま」 / 1名様
体重制限:20kg
対象年齢:2歳以上
サイズ:幅28×高さ76.5×奥行67cm
重さ:約6.7kg

【プレゼント応募期間】
2011年10月7日(金)21:00 ~ 2011年10月17日(月)10:00

※プレゼントの応募期間は終了いたしました。沢山のご応募ありがとうございました。



【当選発表】
・当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・当選のご連絡はTwitterのダイレクトメッセージにてお送りいたします。
・なお、賞品の発送は10月中旬頃を予定しております。
・都合により、賞品の発送が多少遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。

電池いらずの乗馬玩具「エコポニー」はサプライズギフトの新定番!? さらに大人用も

⇒「エコポニー」プレゼント企画実施中!

ラングスジャパンが今年の4月から販売開始した「エコポニー」という乗り物玩具が人気となっている。外見からは、車輪がついた乗馬スタイルの玩具で、大人が後ろから押すものようだが、エコポニーは、子どもが自分で乗馬をするように体を上下に動かすことで、前に進んで行く。ハンドルを動かせば左右に向きを変えることも可能だ。
rangsecopony
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー・ライター。技術書籍やICT教育関連の記事を中心に執筆。著著に『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi