MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

クリスマスプレゼント

Amazonが3年間の注文実績データをもとに「定番おもちゃ200」を発表

総合オンラインストアのAmazonでは、2012年から2014年までの3年間にわたる注文実績データをもとに、Amazonの利用客が選んだ「定番おもちゃ200」を発表した。


同社によると、今年の売れ筋傾向として、昨年は『妖怪ウォッチ』や『アナと雪の女王』などのキャラクターグッズに人気が集中したことに比べて、今年は親子や友だちと一緒に楽しめる“ボードゲーム”や、アクセサリーやデコレーションアイテムを手作りする“メイキングトイ”など、定番のおもちゃに対するニーズが高まってきているという。
続きを読む

トイザらス、クリスマス商戦に向けホットトイリストを発表

日本トイザらスでは、今年のクリスマスプレゼントにとくにおすすめする玩具を集めた「ホットトイリストTOP30」を発表した。ホットトイリストは、同社が毎年クリスマス前に、子どもへのプレゼントを探す顧客へのガイドとして発表しているもの。


ラインナップのトレンドとして、スマートフォン・タブレット型玩具およびキッズ向けタブレットの充実をあげている。今年は親世代において、スマートフォンやタブレットが急速に普及したことにより、子どもにもこうしたデバイスへの関心が高まっていることによるという。

以下に一部をピックアップした。価格はトイザらス通常販売価格。
続きを読む

クリスマス商戦狂想曲 ~「親バカ」を笑われていないか?~

「じゃあこれをお願いします。」
「こちら、お車ついておりませんがよろしいでしょうか?」
「……。」
「ですから、こちら、小さなお車で遊んで頂くようになっているんですが、お車は入っていないんですね。プレゼントでしたらこのようなお車のセットもご一緒にされると喜ばれるかと思いますが。」
「とりあえずこっちだけ買って聞いてみます。」

デパートのおもちゃ売り場で、メモを手にしたおじいちゃん。ミニカーセットは付けずに、孫に頼まれたであろう商品だけを購入して去って行った。「祖父母層にはどんどん買わせちゃおう!」という気満々の店員さんに屈しないおじいちゃんの態度に心で拍手。

デパートの現実


12月に入ると、デパートのおもちゃ売り場は、孫に頼まれたものを探す祖父母世代、サンタクロースにお願いするものを「下見」する親子で賑わう。今やおもちゃも量販店で定価より相当安く買えることを親たちは知っている。

デパートは、定価で買ってくれる祖父母層に期待をかけるから、店員さんが、同梱されていない人形や車、ちょっと高級な電池をついでに購入させたくなる気持ちも、まぁわかる。

うちも、所用ついでにデパートでサンタさんにお願いするおもちゃをチェック。既に決めていた憧れの商品のサンプルを触って感激する息子の横で、ふと値札に目をやり驚いた。量販店の広告で見た金額より2000円以上高い!おぉ、これが定価の世界か……。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー・ライター。技術書籍やICT教育関連の記事を中心に執筆。著著に『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi