image

アメリカの10月最大のイベント、ハロウィーンまで、残すところ2週間あまり。

アメリカではパンプキン・パッチ(飾りにするパンプキンを選ぶ畑)やおばけ屋敷などのイベントが始まっており、お店ではトリック・オア・トリート用の大きな袋詰めのお菓子、種類もサイズもさまざまなパンプキン、子ども用から大人用のコスチューム、家の内外のデコレーションなど、ハロウィーン関係の商品が大きなスペースを占めている。

幼い子どものいる家族なら、ハロウィーン当日はやはりホームパーティーとトリック・オア・トリートといったところ。こだわりな人たちはクリスマス並みに(またはそれ以上に!)家の内外の演出に余念がないので、それを見るのが私の楽しみなのだが、やはり子どもにとっての最大のお楽しみは、昼間はモールや街中の店、夜間は住宅地での「トリック・オア・トリート!」でお菓子をもらうこと、そしてコスチュームを着ることだろう。

そんな折、『Frozen(=邦題:アナと雪の女王)』が大好きという3歳の男の子が、「エルサ」のコスチュームを選び、父親がそれにあわせてアナになることにした、というFacebookのポストがシェアされ、賞賛の嵐が巻き起こっているというニュースが出てきた。

Anyone that knows us, knows we generally let Caiden make his own choices, to an extent. Well, he has decided on a...

Posted by Paul Henson on 2015年10月4日

【参照記事】This Kid's Mom And Dad Win Parents Of The Year For His Halloween Costume
http://www.huffingtonpost.com/entry/this-kids-mom-and-dad-win-parents-of-the-year-for-his-halloween-costume_56147b3ee4b0cf9984d79fb5

続きを読む