MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

コンビ

ベビーのネイルケアとヘアカットの新製品が相次ぎ登場

コンビでは、赤ちゃんの小さく薄いつめをケアする電動つめやすりセット「ベビーレーベル ネイルケアセット」をリニューアル発売した。


製品はベビー用とママ用の2ウェイになっており、アタッチメントを付けることで大人用にも使用できる。回転スピードは二段階で、左右回転切り替え機能もあるため、左右どちらの手でもお手入れがしやすく、使う大人の利き手も問わない。LEDライトも付いているので、赤ちゃんが寝ている間にこっそりお手入れすることもできる。電源は単3電池2本を使用し、本体セット価格は3,800円(+税)。

続きを読む

和風デザインの日本製「耐熱ガラス製 離乳食調理器」4アイテムが新登場

コンビでは、レンジで簡単に作れるスタイリッシュな和風デザインの「耐熱ガラス製 離乳食調理器」4アイテムの発売を開始する。


月齢ごとに固さの違うおかゆがレンジで簡単に調理可能な「おかゆ椀」(1,600円+税)をはじめ、取っ手付きで加熱後も持ちやすい設計の「離乳食がま」(2,000円+税)、瓶に4種のレシピが印刷されて本格だしが簡単に作れる「だし瓶」(1,700円+税)、お米から三角や俵形のこむすびが一度に4個ずつ作れる「こむすび鍋」(3,800円+税)というラインナップ。

続きを読む

使用済み紙おむつを特許取得の技術で防臭密閉!コンビ「ポイテック」新発売

コンビでは、使用済みの紙おむつを抗菌フィルムで強力密封し、ニオイを外に漏らさず処理できる特許取得の新商品、「強力防臭抗菌おむつポット ポイテック」を11月下旬から発売する。


育児中の室内環境を少しでも快適に保ちたいというニーズに応えて開発された同商品。使用済みの紙おむつを入れて、回転レバーを1回転するだけの簡単操作により、シトラスの香りが付いた特殊な抗菌フィルムで使用済み紙おむつをひとつずつウィンナー状にネジって包み込むため、フタを開けてもニオイを外に漏らさない。
続きを読む

おんぶがしやすい抱っこひも「セオッテ」新発売

コンビでは、おんぶがしやすい抱っこひも「セオッテ」を5月下旬より販売開始する。対象月齢は首すわりから36ヵ月(~15kg)まで。

同社の調査によると、約58%の家庭が抱っこひもを2個以上持っており、お出かけ用とおうち用といった使い分けをしているという。そこで、両手がフリーになり家事がはかどる「おんぶ」がしやすいことを特徴にした同商品を開発した。


続きを読む

コンビから赤ちゃんのネイルケア用の電動爪やすりを発売

コンビでは、赤ちゃんの爪切りを安心して行える電動爪やすり「ネイルケアセット」を2月下旬より新たに発売する。同製品は、新米ママの約7割が抱いている(※同社調べ)という爪切りの使用への不安感を解消するため、赤ちゃんの爪のお手入れに安心して使える電動の爪やすり。

続きを読む

リサイクル回収サービス「エコアクト」がエコマーク事業の最高賞を受賞

ベビー用品メーカーのコンビは、同社が取り組むベビーカーなどのベビー用品無料回収リサイクルサービス「エコアクト」が、「エコマークアワード2013」の金賞を受賞したことを発表した。


同賞は2010年に創設され、「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体等を表彰するもの。ちなみに昨年度はタカラトミーが「プラレール」(※おもちゃ初のエコマーク認定)での取り組みにより金賞を受賞している。

続きを読む

最軽量3.5kgのA型ベビーカー「メチャカル ハンディ」新発売

コンビでは、人気のベビーカー「メチャカル」シリーズから、車体剛性をアップさせた新フレームで、A型ベビーカー最軽量となる3.5kgを実現した新商品「メチャカル ハンディDC-360」を、2013年10月中旬より販売する。

続きを読む

双子や年子向けの二人乗りベビーカー「ツインスピン」

コンビでは、双子はもちろん年子など、歳の近い兄弟姉妹で使用できる二人乗りベビーカー「ツインスピン」の新製品を8月上旬より発売する。

新製品「ツインスピンGC」は、収納時は三つ折にコンパクトに折りたためるほか、ベビーカーのシートをフルリクライニングにしたまま折りたたんでも、背もたれが自動で収納される、同社独自の機能「ぱぱっとクローズ」を搭載。

続きを読む

産後クライシスを救う“愛情テクノロジー” ― コンビ電動ベビーラック開発者訪問記 ―

皆さんこんにちは。久しぶりの妊娠にすっかり戸惑っているライターの西澤です。息子は今小3ですから、なんと8年ぶり。オリンピック2つまたいじゃうくらいのご無沙汰妊婦です。

つわりもひと段落し、そろそろベビーグッズも考えないとならぬ時期。2回目妊娠としてはなるべくムダなものは買いたくないと思いつつ、8年経つとベビーグッズというのもだいぶ様変わりしているんですよね。

ベビーカーもチャイルドシートも抱っこ紐もオシャレでかっこいい。眠っていた“ベビーグッズ買いたいホルモン”があふれ出ます。

「ベビーカーは……やっぱり買わなきゃダメかな。ベビーバスは実家にタライがあったはず。そういやベビーベッドどこ行ったっけ?」などなど、必要orいらないリストを作っていたとき、妊婦&家族なら誰でも一度は思うであろう大きな疑問にぶつかったのです。

「ベビーラック、いる?」

続きを読む

「トイレトレーニング」から「おむつはずれ」へ!2段階ステップの洋式おまるが登場

コンビでは、新ステップアップ式おまる「ベビーレーベル 洋式おまるでステップ」を、2月下旬から発売する。2段階調節のステップによって、子どもの成長に応じて足が届きやすくすることで、子どもの踏ん張る力を支え、安定した姿勢でトイレトレーニングを促すのが特徴。


同社の調査によると、トイレトレーニングについてはこれまで、少しでも早くおむつをはずすことが目標だったものが、トレーニングで重視するポイントとして、「焦らない」75%、「無理をしない」66%と、自然な進め方が支持され、親も子もストレスなく自然に進める“おむつはずれ”という感覚が主流になっている。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー・ライター。技術書籍やICT教育関連の記事を中心に執筆。著著に『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi