MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

トイレトレーニング

早生まれとトイレトレーニング

“トイトレ”。
この単語を見るだけでため息が出てしまう方もいるのではないだろうか。

2歳あたりから子どもたちがチャレンジする“トイレトレーニング”。
2歳8ヵ月になった筆者の次男も、ちょうどそのお年頃である。


「なんとかなるときはなるし、ならないときはならない」を最近のモットーに掲げている筆者であるが、気づいたら次男のクラスのお友だちが、みんなオムツを卒業していることがわかった。うちは早生まれとはいえ、「さすがにそろそろ検討せねばいかんかな」と思った次第である。

保育園の先生に園でのようすをきいてみたが、

「うーん、座る気持ちはあるんですけど、成功したことないですね!」

確かに家でも、「といれ、いく!」と意気込んで出かけるものの、座ると遊んでしまって何も起こらない。

5分ほどは様子を見るのだが、本人が飽きた頃合いで引き上げ、オムツをはかせると、その直後にオムツのラインが青く染まるのだ。

……今かよ!

そのようなやり取りを、日々お約束のようにくりかえしている。

続きを読む

現役保育園園長がナビゲートする特集サイト「まめピカといっしょにトイレトレーニング」

2歳7ヵ月になるわが娘、ここのところ、月齢の近い子どもを持つ人と出会うと、決まって話題にのぼるのが、

「トイレトレーニング、やってる……?」


「全然やってないよー」
「焦らなくてもおむつ外れるときには外れるって言うからさー」
という周囲の言葉にホっとするものの、ずっと気がかりなトイレトレーニング、おむつ外し。

娘は身長・体重ともに成長曲線の一番上にいるくらい大きめなので、おむつもビッグサイズなのだが、それでも時折キャパオーバーして漏れてしまったり、この暑さでおむつ周りが汗びっしょりで、汗疹や引っかき傷に悩まされている。

昨年通っていた一時保育では、年上のお友だちにくっついて一緒にトイレに入り、便座に座る、拭く、水を流す、という一連の真似事をしていると聞かされていた。

職員さんからの、「トイレに興味はあるみたいだから、すんなりできるかもね」との一言に背中を押されて、買うだけ買って開封もしていなかった補助便座を設置してみることに。

「トイレ行く?」と声をかけてみると、「トイレ!トイレ!」と乗り気。しかし、いざ便座に座らせてみると、「シー」と声を出すだけで一向に出る気配はなし。

「出ない?」と聞くと「デナイー」と笑ってトイレットペーパーをカラカラ、水をジャーっと流す、という事後の儀式だけはやってくれたのだった。

それ以降も、朝イチやおむつが濡れていないときを見計らっては、「トイレ行く?」と促すが、なかなか思うように用が足せないようす。

続きを読む

「トイレトレーニング」から「おむつはずれ」へ!2段階ステップの洋式おまるが登場

コンビでは、新ステップアップ式おまる「ベビーレーベル 洋式おまるでステップ」を、2月下旬から発売する。2段階調節のステップによって、子どもの成長に応じて足が届きやすくすることで、子どもの踏ん張る力を支え、安定した姿勢でトイレトレーニングを促すのが特徴。


同社の調査によると、トイレトレーニングについてはこれまで、少しでも早くおむつをはずすことが目標だったものが、トレーニングで重視するポイントとして、「焦らない」75%、「無理をしない」66%と、自然な進め方が支持され、親も子もストレスなく自然に進める“おむつはずれ”という感覚が主流になっている。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi