MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

トミカ

「トミカ武将コレクション」シリーズが新発売! 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康がトミカに

タカラトミーでは、ロングセラーのミニカー「トミカ」シリーズから、新たに「トミカ武将コレクション」シリーズ全6種を2016年1月下旬から順次発売する。

「トミカ武将コレクション」は歴史をテーマに、2016年のNHK大河ドラマの主役として注目が集まる真田幸村をはじめ、織田信長、上杉謙信、豊臣秀吉、武田信玄、徳川家康といった人気の高い武将たちのイメージを「トミカ」にデザイン。それぞれの武将に合わせた「トミカ」の車種や色を選定し、車体に家紋や旗の紋、甲冑のイメージなどをデザインしている。

image©TOMY
続きを読む

連休は「プラレール博」&「トミカ博」が東西で開催

タカラトミーが販売する鉄道玩具「プラレール」と、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」がまるごと楽しめるイベント、「プラレール博 in TOKYO」と「トミカ博 in OSAKA」が今年の連休にほぼ同期間で開催される。



「プラレール博 in Tokyo」は幕張メッセを会場に、連休初日の29日(水・祝)~5月6日(水・振休)の合計8日間の開催。入場記念品として「超電導リニアL0系 中間車」または「プラレール博コンテナ 中間車」がプレゼントされる。入場料は子ども(3歳~小学生)800円[前売700円]、大人1000円[前売900円]で、3歳未満は無料。

会場の展示ゾーンでは、新幹線や特急列車、最新車両のプラレールの展示をはじめ、大迫力の巨大ジオラマも設置される。また、「ディズニー ドリームレールウェイ」の車両にスワロフスキーのクリスタルが1万粒以上をちりばめた特別車両も展示されるという。

続きを読む

トミカ・プラレールのオフィシャルショップが横浜・港北にOPEN

トイザらス・港北ニュータウン店において、トミカ、プラレールの玩具のほか、同ブランドの日用品、アパレルなども展開する、「トミカ・プラレールスクエア」がこのほどオープンした。


トミカ&プラレールの世界観を体感できる場を演出するために、トミカのイメージカラーである「赤」を基調とした売り場として、品揃えの強化に加え、ジオラマの導入や実際に触って遊べるサンプル展示を積極的に施している。

続きを読む

「森永マミーキッズ」が新たに「トミカ」とコラボ

森永乳業は、幼児向け飲料として人気の「森永マミーキッズ」から、新たに「森永マミーキッズ トミカ アップル味」を新発売、また「森永マミーキッズ プラレール」をリニューアル発売する。容量125ml×3個で希望小売価格は180円(税別)。

「森永マミー」のデビューは1965年、甘酸っぱい味わいとやさしい口当たりが特長の乳酸菌飲料のロングセラーだ。常温保存ができる幼児向けの小容量3連タイプ「森永マミーキッズ」は2009年に発売された。
続きを読む

「トミカ」ルームに「キティ」ルーム!家族客の取り込みを狙うホテル業界

ホテルが提案する親子で楽しめる客室


卒園、卒業の季節を迎える3月。親も子も4月から始まる新生活に期待を膨らませ、春休み中に親子で楽しめるイベントを探している人も多いだろう。

そんな需要を見越してか、今、ホテル業界では、子どもの好きなキャラクターを部屋のモチーフにして、親子で一緒に楽しむことをテーマにしたファミリー層を取り込むための動きが活発化している。

オリエンタルランドの子会社で「パーム&ファウンテンテラスホテル」を運営するミリアルリゾートホテルズは、3月17日からタカラトミーのミニカー「トミカ」をテーマにした客室を全国で初めて導入した。

e28583d30d6b849ac0e16ede5d4130c3
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi