先月から息子の保育園生活が始まりました。
「保育園」は、フィンランド語で「Paivakoti パイヴァコティ」(「Paiva(=日中)」を過ごす「koti(=家)」)と言います。

昨今の当地のベビーブームの影響か、とくに公立の保育園へ入園するのに時間がかかると言われていたので、早めに申し込みをしていたものの、特に仕事復帰の明確な日付や急ぐ理由が無かったため、申請から10ヵ月経っての入園となりました。

続きを読む