MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

ピンクリボン

自分のため・家族のために知っておきたい、受けておきたい乳がん検診

日本人女性の11人に1人の割合で患うといわれている乳がん。MAMApicks読者と同年代で、育ち盛りの子どもの母である有名人の乳がん公表も記憶に新しく、私たちにとっても他人事とは思えません。

乳腺診療と放射線診断の専門家で、乳がんの知識や検診の普及に尽力されている、「ピンクリボン ブレストケア クリニック表参道」の院長、島田菜穂子先生にお話を聞いてきました。

【関連記事】
子育て世代だからこそ要注意! 正しい知識と適切な検査で乳がんから自分を守ろう


続きを読む

子育て世代だからこそ要注意! 正しい知識と適切な検査で乳がんから自分を守ろう

日本人女性の11人に1人の割合で患うといわれている乳がん。MAMApicks読者と同年代で、育ち盛りの子どもの母である有名人の方にも乳がんと闘っている方がいるなど、私たちにとっても他人事とは思えません。

万が一のため、がんの検査や治療についての基礎知識は持っておきたいものです。そこで、乳腺診療と放射線診断の専門家で、乳腺専門クリニック「ピンクリボン ブレストケア クリニック表参道」の院長である島田菜穂子先生にお話を聞いてきました。


続きを読む

【取材レポート】ピンクリボンについて考える乳がん啓発イベント  庄司智春「男性はパートナーをその場に連れていく気持ちで」

1980年代、「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」という思いから、アメリカで始まったピンクリボン活動。乳がん検診の受診や早期治療の啓発を目的とし、年々賛同する企業や団体も増えて、認知度が高まっている。

昨年はタレントの北斗晶さんが、また最近では小林麻央さんが乳がんであることを公表し、現在闘病中であるという報道とともに、検診の重要性が広く呼びかけられた。


化粧品事業を展開するエイボン・プロダクツ株式会社は、女性の活躍を応援しサポートするCSR活動を数多く行っており、女性にやさしい企業の代表格といえる。その一例として、2002年から「口紅1本でできるボランティア」と称して、寄付金付きの口紅を販売することでピンクリボン活動にも参画している。そして同社は今年、認定NPO法人J.POSHの「J.POSH奨学金まなび」に寄付を行うこととなり、その記念イベントがこのほど開催された。

「J.POSH奨学金まなび」は、母親や保護者が乳がんで死亡、あるいは闘病中で就学が困難となった高校生を対象にした奨学金制度で、設立の2009年以来、のべ280名の学生に支給を行ってきた。

認知度の向上とともに、応募数も徐々に増え、今年度は43名に支給するとともに、熊本の地震のための枠を10名ほど追加で募集中。エイボンは、本基金の趣旨に賛同し、多くの子どもたちが就学できるようにと経済的支援を行うこととなった。

本イベントでは寄付金贈呈の式典のほか、ピンクリボンスペシャルアンバサダーのタレント・山口もえさん、そしてお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さんを招いてのトークショーも開催された。


続きを読む

乳がん検診は8割以上が必要と認識するも、受診状況や危機意識にギャップ

10月は、乳がんの正しい知識を広め、検診の早期受診を推進する啓発キャンペーンが実施されるピンクリボン月間であるが、メットライフ生命保険では、20代から50代の女性に乳がんに関する意識調査を実施し、その結果を発表した。有効回答数は400人。


まず、「あなたが最後に乳がん検診を受けたのはいつ頃ですか」という質問に対してもっとも多かった回答は、「一度も受けたことがない」が47.8%で約半数にのぼった。ただし、40-44歳の4割以上(42.0%)は1年以内に検診を受けているなど、40代以上は検診経験が比較的高いものの、20代・30代は半数以上に検診経験がないという結果であった。

その一方で、乳がん検診の必要性に関して「検診を受ける必要があると思いますか」という質問には、全体の84.0%が「必要がある」と認識していることも明らかになった。

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク