MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

フランス

【フランス発】家族の形ごとにさまざまなバカンス

猛暑の続くフランスはバカンス真っ盛り。7月に入って以降、筆者の住むパリは日々閑散としていく一方である。

個人の店などは、客足が減るこの時期に店を閉め、1ヵ月くらいまとめて休暇を取る。小さなスーパーなどでは、交替で休暇を取り従業員が減るため、昼前後は店を閉めたり営業時間が短くなる。お目当ての店まで来たら閉まっていた、というのはよくあることで、この時期のパリ観光はおすすめできない。

年間5週間の有給休暇の取得権利が法律で定められているフランス。これは形だけの権利ではなく、実際に行使されている権利である。

そして、長期の休暇が取れれば、家に閉じこもってひたすら寝て疲れを取る、なんてことはもちろんなく、バカンスに出かけるのだ。

続きを読む

ボーネルンド、フランスで人気の教育玩具シリーズを新発売

ボーネルンドは、フランスの教材メーカー「ナターン社」が開発した教育玩具を家庭向けにアレンジした新商品を3月15日より販売開始する。

初等教育の重要性が社会に根付いているフランスでは、学校や先生が使用する教材を自由に選択できるシステムが取り入れられているため、多くの教材メーカーが独自の優れた教材を開発しているという。なかでもナターン社が手がけた製品は教育関係者の間でも高い人気を誇っているそうだ。

続きを読む

フランス版ゆとり教育?! “宿題なし”政策は学力格差是正につながるのか

フランスのオランド大統領が先月、教育改革の一環として、フランス国内の公立小学校で宿題を廃止する案を提言。学校の勉強は学校で完結すべきであり、外国人の親を持つなど、家庭内で勉強する環境が整っていない子どもに対する不公平を是正し、国内で広がる一方の教育格差を改善することが重要と訴えた。


賛否両論、世界的な論争を巻き起こした“フランス版ゆとり教育”とも呼べそうなこの政策案。オランド大統領が主張するように、1日の授業時間を短縮して、放課後の補習やスポーツ、文化などの課外活動の実施とセットであれば効果を発揮するかもしれないが、家庭での学習機会を奪うだけに終わってしまえば、教育格差の是正どころか、格差のさらなる拡大を助長する危険もはらむ。
続きを読む

仏幼稚園、Twitterでヨミカキ教える

フランスで、Twitterを使った幼児教育が始まった。ボルドー近郊の幼稚園や南西部タランスの幼稚園では、子どもたちがTwitterで毎日何をしたのかを報告しているという。

b2707be95b139d260d6aa14ce6770b38
続きを読む

フランス流の子育て本がベストセラーに

アメリカ人著者、フランスでの子育ての経験を本に!


アメリカ人の視点からみたフランス流の子育てについての記事が、Washington.comで2月22日付けで紹介された。アメリカ人で元ウォールストリートジャーナルの記者だったPamela Druckermanさん。彼女がフランスで3人の子どもを育てた経験を元に書いた本が今アメリカやイギリスで人気を呼んでいるという。

本のタイトルはアメリカでは“Bringing Up Bebe” 「べべ(赤ちゃん)を育てる」、イギリスでは“French Children Don’t Throw Food”「フランスの子どもは食べ物を投げない」で出版されており、今月のベストセラーとなっている。


続きを読む

フランスが出生率を回復させた理由

「少子化対策」というフレーズを新聞やテレビで見かけるようになって久しい日本。しかし残念ながらまだ具体的な対策が見えていないのが現実だ。海の向こうのドイツやイタリアなど、先進諸国の中でも同じ問題を抱えている国は多い。しかし、そのなかにはかつて日本と同様に少子化に悩みながらも、あっという間に出生率を上昇させた実績を持つ国がある。フランスが、それだ。
D_01_08_france03

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー・ライター。技術書籍やICT教育関連の記事を中心に執筆。著著に『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi