MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

ママ鉄

運転士目線と車窓がスマホで楽しめるプラレール「ダブルカメラドクターイエロー」が新発売

タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、ドクターイエローの車両に搭載した2台のカメラの映像をスマートフォンで見ながら操作できる「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を10月13日から発売する。

本商品では、車両先頭に搭載した「運転士カメラ」と、車体側面に搭載した「車窓カメラ」の2台のカメラから、運転士目線と乗客目線をスマートフォンの専用アプリを介してリアルタイムで楽しむことができる。

続きを読む

ママ鉄芸人・鈴川絢子さんが語る、子育てと鉄道の麗しき関係

YouTube動画「恋するフォーチュンクッキー 京浜急行 ver.」が再生回数160万回以上! あふれ出る鉄道愛を武器に自ら企画、出演、編集を行った鉄道動画が大人気の吉本芸人、鈴川絢子さん。1歳のお子さんとのコミュニケーションにも鉄道や動画が欠かせないという鈴川さんに、今オススメの鉄道スポットから正しい動画との付き合い方まで、いろいろとうかがいました。


鈴川 絢子(すずかわ あやこ)
1991年生・千葉県出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2014年の「第2回 かわいすぎる女芸人No.1決定戦」で1位の座に輝く。同年に男児を出産。YouTubeチャンネルの登録者数が12万人を超えるトップクラスの人気YouTube芸人として活躍中。近著に『鉄分多め。』(ヨシモトブックス)。


―― 「恋するフォーチュンクッキー 京浜急行 ver.」拝見致しました。あれ、全部撮影するのにどれくらいかかったんですか?

鈴川:だいたい4日間くらいですかね……。

▼恋するフォーチュンクッキー 京浜急行 ver.
https://www.youtube.com/watch?v=gL5F8Rb3njY


続きを読む

“マニアック過ぎない”親子向け鉄道カフェが人気

大阪京橋にある鉄道カフェ「ドクターイエロー」。関西エリア在住のでんしゃ好き“子鉄ちゃん”親子に人気のスポットとなっている。同店のコンセプトである「『マニアック過ぎない!?』鉄道カフェ」であることが人気の秘密のようだ。

昨年8月からオープンしたという同店、オーナーの網島さんにお話を伺った。「既存の鉄道カフェでは、子どもを連れて行くと、大人の鉄道マニアの方々にとても煙たいような表情をされたり、また親が鉄道マニアではないので入るのがちょっと恥ずかしい……といったことがあるようでした。そこで『マニアック過ぎない』親子向け鉄道カフェにニーズがあるのでは、と考えたのが開店のきっかけです」

doctoryellow
続きを読む

明日公開!でんしゃ映画『れっしゃナンバーワン大集合』は堀ちえみさんも太鼓判のお子さんの劇場デビューに最適の映画

明日22日(土)から、全国のワーナー・マイカル・シネマズで、映画『れっしゃナンバーワン大集合』が公開される。この映画は、“れっしゃだいこうしん”シリーズの第3弾で、今回の『れっしゃナンバーワン大集合』は、列車の色々なナンバーワンが登場する。

densyamovie
たとえばスピードナンバーワンの新幹線“N700系のぞみ”“E5系はやぶさ”、力持ちナンバーワンの“EF200形電気機関車”、運転距離ナンバーワンの“トワイライトエキスプレス”など、実際の列車の色々なナンバーワンが、映画館の大スクリーンで観られる。でんしゃ大好き“子鉄ちゃん”たち大興奮間違いなしの内容だ。
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク