ロート製薬では、花粉症対策への啓発を目的に、0~16歳の子どもを持つ父母を対象とした「子どもの花粉症」アンケート調査を実施、その結果を発表した。回答数は父母2,082名とその子3,475名。

まず、「花粉症である」と父母が実感している(※医師の診断ではなく)子どもは、28.8%であり、前年度に行った同様のアンケートからは3.1ポイントの増加となった。そして実感しているという親にその発症年齢を聞いたところ、「5歳」と答えた人が最も多く12.5%、次いで「3歳」(11.0%)、「6歳」(10.5%)であった。


続きを読む