MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

入学準備

子どもの就学を前に己の黒歴史と向き合ってみた


“人生最古の記憶”について考えたことがあるだろうか。

筆者の最古の記憶は、地元の私立幼稚園の受験日。
ハサミを持ってまっすぐな線を切るものだったのだが、「こんな簡単なことやらせて、バカにされているのかな」とぼんやり考えたのを覚えている。

「俺?……小1かなあ」

夫に同じ質問をしてみたところ、そのような回答を得た。

……えっ? 小1??
幼稚園の記憶がばっさり抜け落ちているの???

自分がアベレージだと思ってこれまでやってきたので、軽く衝撃を受けたのだった。

■育児、それは過去の自分との戦い


「赤ちゃん生まれても、誰かと比べたらダメよ、この子はこの子なんだから」
長男が生まれる前、たしか母親にそんなことを言われた。

「……そうはいわれても、相対評価して安心したいし」

はじめての育児では基準がわからない。
何ができたらOKで何だとNGなのか、そもそも誰がジャッジするのか。

“自己肯定感”“自尊心”

育児界隈で頻繁に目にするそれらのワードが、一人目の育児においてたびたび筆者を苦しめた。

「誰とも比べない、ありのままのわが子を受け止めて」

子どもの自己肯定感を高めようと気をつかうほど、自分がどんどん空っぽになる気がして、自分自身の自己肯定感は低くなり、自尊心はどんどん傷ついていったのだった。

やがて、安心したいがための“相対評価”の比較対象先は、保育園の同級生でも近所の子でもなく、非実在である“長男と同じ年のころの自分”になっていくのだ。当時の記憶を掘り起こしながら。

続きを読む

小学校がやってくる! 悩める年長親のつれづれ

「私、仕事やめようかと思うんだよねー。“小1の壁”が越えられる気がしないわ、マジで!」

ランドセルの話をしていた時期だから、6月ごろだっただろうか。年長児を持つ友人が仕事を辞めると言い出した。

「どうするの、仕事続けるの?」ときかれたのだが、こちらは金銭的に辞める選択肢もなく……。

筆者の居住区では、学校選択制がとられている。都内だけを見ても半分以上の区がなんらかの学校選択制を実施しているそうだ。

6月ごろ、第1回の学校説明会が行われた。ちょうどランドセル商戦がスタートする時期なのは、一部の義務教育学校(公立の小中一貫校)ではランドセルの色に指定があるため、ちょうどいいタイミングなのだろう。

そして2度目の学校説明会が、9月から10月に行われる。選択制ではない地域でも、11月には就学時健診があり、翌年2月には新入生保護者会がある。


ボーっとしているうちに、どんどん小学校に攻め込まれてくるようなスピード感である。それでいて卒園の準備もある。年長親の下半期は、実に忙しい。

そして、区から郵送されてきたスケジュールを確認すると、ほとんどのイベントが平日昼間に発生していた。私は夫に問う。

「ねえ、これ、全部私が参加するのかな? 全部平日だけど?」

……秋の説明会は夫が行くことになった。

続きを読む

夏の“ラン活”狂騒曲 ――ランドセルが買えない!? 争奪戦の現場から

2ヵ月ほど前、ランドセルについての記事を書いた。

え、もうランドセル? ――2017就学へのカウントダウン
http://mamapicks.jp/archives/52200117.html


前回触れなかった話だが、最近のランドセルにはサイズが複数ある。
A4サイズが入るのはどれもそうだが、それがクリアファイルサイズなのか、フラットファイルサイズなのか。

そこまで聞いて「はあ?」というリアクションの筆者だったが、学校の連絡帳入れというのがどうもA4よりすこし大きなサイズらしい。

「両手がフリーになるから、ランドセルは大きくてものがたくさん入る方がいい」
「クリアファイルサイズでも、ちょっと曲げればフラットファイルはいるよ」
「軽くて大きい方がいいよ」
「いやあ、どうせ雑に扱うんだからなんだっていいよ」

≪……うわあーーーーーーーーーー!≫
≪何を買ったらいいのだあーーーー!≫

完全に混乱したまま、すべてを棚上げにして数ヵ月が経過していた。


続きを読む

え、もうランドセル? ――2017就学へのカウントダウン

4月20日過ぎのことである。
何の気なしに立ち寄った近所のショッピングモールに、ランドセルの売り場ができていた。
ああ、新学期が始まっても売り場って残ってるんだなあ、と思って見上げたPOPに書いてあった文字は……

\ 「2017」 /

……来年のか!

そうなのだ、もう来年4月入学用のランドセル販売がスタートしていたのである。


筆者の長男は現在年長さん。来年の4月には小学生になる。
親の感覚としては、「小学生に“なってしまう”」という表現にしておきたい。

この間産んだばっかりだったような子も、ごはんを食べるようになり、立って歩きはじめ、いっちょまえにイヤイヤをし、イヤイヤ期から区別がつかないまま生意気になって、5歳現在、反抗期の絶頂である。

生まれてからこれまでの間にいろいろあった気はするのだが、「来年は小学生」というパワーフレーズの前に全部吹き飛んでしまった。

続きを読む

新学期のぞうきん問題。縫うか、買うか。 ――くすぶる親イメージの呪縛

新学期早々、息子の持ち物リストをチェックをする。明日はぞうきん2枚か……いや、春休みからわかっていたことではあるのだ。ぞうきん用のボロボロのタオルは既に選定済み。

ちょっとミシンをかけるその時間がそれまでなかったか、といえば、本気で完璧にゼロだったはずは無いのだけれど、常にそれより優先したいことがあって、「気づかぬふり」で放置していた。

あぁ、もう今日も仕事詰まってるし、もう100円ショップでぞうきんを買うかなぁ、今はぞうきん売ってる時代だよなぁ……。

でもなぁ、いいのかなぁ。どうもぞうきん「ごとき」に、100円だろうと払うのには抵抗がある。そもそも、ぞうきんは古くなったタオルの聖地であって、ピカピカのタオルがぞうきんになるのはどうなんだ?


続きを読む

小学校がこわい症候群 ――入学前の先取り学習についてモヤモヤ考えた

「入学前にできた方がいいこと」

こんな内容のツイートを定期的に目にする。
Twitterでフォローしている人に年長さんの親が多いせいもあるが、彼らの小学校入学に向けてのプロセスを追いながら、来年の自分と重ね合わせている。

乱暴にいうと、ネットで見る情報は、たいてい筆者をこわがらせるものである。

“小学校では泳ぎを教えてくれない”
“先取り学習の是非”
“親の財力で子どもの学力は決まる”

……などなど。


続きを読む

小学校入学準備で身につけさせたいこと「ひらがなの読み・書き」は約6割

通信添削学習サービスを提供する「小学館ドラゼミ本部」では、小学校入学前の子どもの学習状況について意識調査を実施、その結果を発表した。調査対象は、現在小学1年生でドラゼミを受講している子どもの保護者321名と、ドラゼミに資料請求をした保護者46名の、計367名。

まず「小学校入学に向けて学習準備を行っていましたか」という質問には、約9割が「はい」と回答、さらに「いつ頃から小学校に向けての学習準備を意識し始めましたか」という質問には、入学前年の4月時点で全体の約4割、さらに10月時点では約6割が、「小学校に向けての学習準備を意識し始めた」と回答した。


続きを読む

2012日本一!ジャイアンツデザインのランドセルが予約開始

プロ野球日本シリーズを制覇したジャイアンツ。優勝セールも気になるところだが、11月2日からは、G党キッズのための「ジャイアンツオリジナルランドセル」が、公式通販サイトで注文予約を開始した。

続きを読む

【コラム】息子に赤いランドセルが欲しいと言われたら……

どこかで渡された幼稚園年長児向けの冊子をぱらぱらと見ていたら、後半全部、ランドセルの宣伝で埋まっているではないか。「え?もう買うの?どういうことだ?」と思って、小学生の子どもがいる友人に聞いてみると、どうやら、夏のうちに購入する「早割り」なるものがあるらしい。

七五三も成人式も早割り制度により、混まない夏のうちに写真を撮っちゃおうなんて企画があるご時世。そういえば、去年の七五三、のん気にしていたら、シーズンど真ん中で、予約を取るのも大変だし値段も高かったんだった……。

続きを読む

学校選択制の功罪 ~選択できるとむしろ迷う親心~

「え?小学校こっちじゃなかったの?」
来年小学生になる息子の母は、のん気にもつい最近気づいた。通うと思っていた小学校の通学区域と自分の住所が、ぎりぎりの線で違っていたのである。実際には、学校選択制のある区(東京都)なので、隣の学区の学校でも構わない。でも、違うとわかると一応該当学区の学校も気になる。6月は学校公開シーズン。とりあえず、両方見ておこう。

しかし、まぁ、よりによってタイプが違う。

片方は全学年2クラスの「規模の大きい」学校。6クラスが当たり前の時代と地域で育った私の感覚では2クラスだって十分小さいが、この辺ではこれでも大きい。もう一方は1学年1クラス。しかも現1年生のクラスの人数が20人ちょっとという少なさ。

両方見てしまって、「好きな方を選んでどうぞ」と言われると、これが迷う。困った。


続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク