MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

南アフリカ

日本生まれのKUMONが世界で評価されているワケ ―― 南アフリカの教室から

南アフリカ最大都市・ヨハネスブルグ郊外の住宅街にある公民館に、午後2時を過ぎると続々と子どもたちが集まってくる。

近隣の学校制服に身を包んだ子どもたちの人種はさまざまだが、手にしているのは皆同じ、“KUMON”と書かれた水色のバッグ。そう、ここは南ア国内に約230か所ある公文式教室のひとつなのだ。

延べ約2万人が学ぶという南ア公文の中でも、多くの駐在員子弟が通うアメリカンスクールや、名門私立校に近いこの教室の最大の特徴は、4歳から高校生まで約80人いる生徒の半数近くが、外国籍であること。自国の教育レベルとのギャップに不安を抱える外国人の保護者にとって、南アでも広く展開しているKUMONが、駆け込み寺のような存在になっている。


続きを読む

子連れにやさしい南アフリカのカフェ事情

海外生活をしていると、日本で毎日のように通っていた児童館のありがたみを痛感します。安心・安全・無料の三拍子そろった子どもの遊び場であり、母親の居場所でもある児童館は、日本が世界に誇る公的子育て支援サービスであることに気づかされます。

南アフリカ(以下・南ア)には児童館のような場所はないけれど、児童館や児童公園並みのプレイグラウンドを併設した、カフェやレストランが充実しています。年間を通して気候のいいヨハネスブルグでは、屋外のプレイグラウンドがほとんどで、これが驚きの広さ!カフェに遊び場がついているというよりは、公園の中にカフェがあるという趣です。

続きを読む

アフリカでも「KUMON」!公文の世界戦略成功の秘訣

南アフリカ(以下・南ア)に来て驚いたのが、街のあちこちで、「KUMON」の看板を見かけること。そう、日本でもおなじみの、あの「公文」である。公文が早くから、北米やアジア諸国で展開していたことは知っていたけど、まさか、アフリカ大陸にまで――。


現在、47の国と地域で約430万人(教科数延べ)が公文式で学ぶという。なぜ、公文がこれほどまで、海外に浸透しているのか。南アでのKUMONの現状は――?

日本が世界に誇る教育サービス「KUMON」の成功の秘訣を、南アフリカ公文・津田正樹社長に聞いた。

続きを読む

さながら天然の椅子「アフリカ流おんぶ育児」

南アフリカに来て驚いたのが、子どもの数の多さ。経済発展に伴い、特に都市部では非婚・晩婚化現象も見られてはいるものの、女性一人当たりの平均出産人数を示す出生率は、2.46と、日本の1.39(いずれも2010年、世界銀行のデータ)と比較すると依然として高い水準を保っている。

そんな南アでよく見かけるのが、この、アフリカ流おんぶ育児。古今東西、おんぶの仕方、使う布は様々だが、南ア人のおんぶは極めてシンプル。まだ首も据わっていない新生児でさえ、大判のバスタオルやブランケット一枚ですっぽりと包みこみ、自由になった両手で家事をしたり仕事をしたり。

続きを読む

【南ア発】2歳から参加可能のキッズ料理教室が人気

2歳3ヵ月になり、食欲の増加とともに、最近ではお料理のおままごとが大のお気に入りの娘。南アフリカで2歳から参加できるキッズ向けお料理教室が人気と聞き、体験させてみた。

南ア最大の都市・ヨハネスブルグを中心に、14のフランチャイズを展開する「Little Cooks Club」。自身も母親である女性シェフが、子どもたちに料理の楽しさと食育について教える場として、6年前にオープンさせたのが始まりだ。


2歳~15歳の子どもたちの料理教室(2~5歳は親子レッスン。6歳以上は子どものみのレッスン)だけでなく、大人向けの離乳食レッスン、メイド向けの出張料理教室のほか、子どもたちが自分でピザやカップケーキを焼きながら誕生日を祝えるバースデーパーティーの開催など、子どもと料理に関わる様々な体験の場を提供し、人気を博している。続きを読む

【南ア発】“ルイボス育児”が人気!知られざるルイボスティーのパワー

ノンカフェインでミネラルたっぷり、健康に良いお茶として近年日本でも知名度が上昇しているルイボスティー。世界唯一の原産国である、ここ南アフリカでは、妊婦さんや赤ちゃんも飲めるお茶として、地元の人々に欠かせない飲み物になっている。南ア子育ての必需品・ルイボスティーの様々な利用方法をご紹介します。


南アフリカの一部でのみ栽培されるルイボスは、マメ科の植物で、乾燥させた茶葉は赤みを帯びている。そのため、南アではレッドティーと呼ばれることも多く、カフェではルイボスティーにフォームドミルクを加えた「レッドカプチーノ」が人気メニュー。

ノンカフェインでタンニン濃度も低く、抗酸化作用に優れたルイボスティーは、南アでは様々な形で育児にも利用されている。
続きを読む

【南アフリカ発】子どもを産むことは訓練?一夫多妻大統領の発言に女性たちが猛反発

南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領が先日、テレビ番組のインタビューで「女性が結婚しないことは好ましくなく、子どもを産み母になることは女性にさらなる訓練を与えるので重要だ」と発言。おりしも南アフリカの8月は、女性の地位向上と権利拡張のための“女性月間”であり、時代錯誤の女性蔑視発言に国内で怒りの声が上がっている。


(photo by World Economic Forum

南ア最大の民族集団であるズールー族出身で、部族の伝統である一夫多妻主義を維持し、4人の妻と約20人の子ども(まだ隠し子がいるというのが定説)を持つズマ大統領。これまでにもたびたび、女性軽視発言が物議を醸してきたが、最新の失言は、自宅で行われたインタビューでのこと。
続きを読む

【南アフリカ発】幼稚園の通信簿で園生活をフィードバック

南アフリカに越してきて早2ヵ月。先日、幼稚園の学期末個人面談があり、2歳になったばかりの娘が、生まれて初めての「通信簿」をもらった。「2歳児に通信簿!?」と夫婦でびっくり。開いてみてさらに仰天。6分野34項目にわたって、発達度、習熟度が「大変良い」「良い」「がんばろう」の3段階で記されている。幼児教育の場での通信簿の是非はさておき、中身を紹介したい。

続きを読む

南アフリカの保育園・幼稚園レポート

日本では、幼稚園と保育園の機能を一体化させる「総合こども園」創設の断念を政府が表明したばかりだが、ここ南アフリカでは、いわゆる幼保一体化の施設が普通である。まもなく2歳になる我が娘が通うのも、幼児教育と、アフターケアと呼ばれる延長保育を提供する幼保一元園。今回は南アの保育園・幼稚園事情をレポートしたい。


我が家の住むヨハネスブルク北部の郊外は、中流家庭が多く住むエリア。私立小学校付属幼稚園やモンテッソーリ幼稚園、動物との触れ合いを重視したファーム幼稚園など、実に多くの選択肢に恵まれている。続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク