MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

帰省

「夏だから、思い出に残ることをしなきゃ」となぜ張り切りすぎてしまうのか

この夏も、実家のある関西へ帰省してきた。
夫がお盆にしっかり休めることもあって、今回はまる1週間帰ることにしたのだが、娘が0~1歳の頃に比べると帰省がどんどん楽になってきている。

ここ1年くらいは娘がリュックサックに自分の着替えなどを入れてくれるようになったので、私のバッグは基本的に私のものを入れられる仕様になり、いつも最低限しか持ち帰れなかった着替えや化粧品もちょっと多めに、友人に渡す手土産なども入れられるスペースもできた。

ベビーカーにおむつ、着替えやおやつ、おもちゃも余分に持って念には念を…と娘の荷物を準備していた頃は、とにもかくにも行き帰りが最大のイベントだったし、そこを越えたらOKという感じで、帰省してから何をするかは余力があれば考えましょう、という程度だった。

そして今回は、動物園に行った次の日は水族館、その次は義実家総出で一泊旅行、その他も娘の世話は家族にお願いして、友人とランチに出かけたり、ちょっと買い物したりと、精力的に活動した甲斐あって充実の1週間になった。

自宅に帰ってきてからも、娘はずっとあれが楽しかった、あそこにまた行きたいと繰り返していて、その嬉しそうな様子に安堵するとともに、私たちは夏の思い出を作ってあげたい、もっと言うと、夏だから何か思い出に残ることをしなければいけないのでは?という若干強迫観念に近いものを抱いていたのかもしれないと気づいた。


続きを読む

帰省にともなうパートナーの実家での過ごし方、「食事の準備や片づけを手伝う」女性は6割超、男性は3割未満

婚活支援サービスのパートナーエージェントは、20~59歳の既婚男女2200人に対して「パートナーの実家への帰省」に関するアンケート調査を実施、その結果を発表した。

調査ではまずパートナーの実家への帰省頻度についてきいており、「年に数回」が最も多く26.7%、続いて「年に1~2回」(19.8%)、「頻繁に」(19.7%)という結果となり、一方で「帰省はしない」という回答も21.4%を占めた。また、帰省する際の滞在期間については、「日帰り」が55.4%、「1泊2日」が22.2%と続き、「2泊3日」(14.5%)、「数日間は滞在する」(6.5%)と、滞在期間が長くなるほど割合が少なくなることがわかった。


続きを読む

配偶者の実家への帰省、男性は4割あまりが「楽しみ」、女性は約半数が「気が重い」


住宅・不動産情報サイトを運営するオウチーノでは、実家への帰省に関する実態調査を行い、その結果を発表した。調査対象は首都圏在住の20~59歳の既婚男女862名。

まず、「ご自身の実家に帰省する頻度はどれくらいですか?」という質問について、もっとも多かったのは「半年に1回程度」(19.0%)であり、「2~3ヵ月に1回程度」(15.2%)、「毎月1回程度」(13.0%)が続いた。逆に「配偶者の実家に帰省する頻度」については、自身の実家と同じく「半年に1回程度」(17.9%)がもっとも多く、これに「年に1回程度」(15.9%)、「2~3ヵ月に1回程度」(12.9%)が続き、若干ではあるが双方の実家に帰省する頻度に差異がみられた。

そして、自身の実家に「同居している」(8.6%)、また「1週間に1回以上」(6.7%)帰省する、という回答があった一方で、「まったく帰省しない」(3.8%)、「実家はない」(5.9%)という回答もあげられた。実家との関係性において、同居あるいは週一以上出入りする近居のような状態と、疎遠・無縁である割合に、それほど大きな差はないことがこのデータからわかる。

続きを読む

東海道新幹線の子連れ専用「ファミリー車両」今夏は運行本数を拡大

東海道新幹線では、7月19日(土)~8月31日(日)の期間で、恒例の夏休み特別企画として、「お子様連れ専用車両」を走らせる。この夏は運行本数を拡大し(上下50本ずつ)、お盆休みの帰省ピーク時は1日2本運行する予定。


車両自体がファミリー専用ということで、周囲も同じ子連れ客だけにまわりの乗客に気兼ねなく過ごせる上、申込人数にプラス1席が付くので、子連れ移動に付き物な大きな荷物があっても車内を快適に過ごせるのが特徴となっている。

続きを読む

祖父母と孫のコミュニケーションにビデオチャットツール、6割超が利用意向アリ

調査・マーケティング会社のイードでは、全国の20代~50代の男女で、小学生以下の子どもを持ち、かつ自分の親と離れて暮らしている方を対象に、「祖父母と孫のコミュニケーションに関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。回答者数は200名。

まず、「今年(2013年)の年末年始に子どもを連れての帰省予定はありますか」という質問には、「帰省するつもり」が70.0%と大半を占めた。一方、「年末年始以外に、子どもを連れて帰省する頻度」を聞くと、「半年に1回以上」(29.5%)、「1年に1回以上」(13.5%)、「それ以下」(15.0%)と、半数以上が帰省は年に3回以下の頻度であることがわかった。


続きを読む

義父母の実家への帰省に約半数が「ストレスを感じる」 子どもに関する嫁ハラ・婿ハラ発言も

ライオンの胃腸薬シリーズ「スクラート」では、お盆休みに先がけて、胃痛の経験がある26~50歳の既婚男女500人を対象に、「お盆休みとストレスに関する意識調査」を実施した。

まず、「お盆にストレスを感じたことはあるか」については53%が「ある」と回答し、ストレスを感じるタイミングとして、「パートナーの実家に帰省する時」(47.9%)が最も多く、次いで「帰省先の姑・舅に気を使う時」(46.4%)と、約半数がパートナーの実家への帰省にストレスを感じていることが明らかになった。

続きを読む

帰省で奇声『何故、子どもは混雑の車内機内で泣きわめく?』

震災以降、池袋あたりでは目に見えて、飲み歩く子持ち世代男性の姿が繁華街から消えているという。さもありなん。終業後フラフラしている時に揺れたらどうする?

電車が動いているうちに帰りたい、帰らねば。そんな思いは遠方の実家に住む老親に対しても同様なのだろう、今冬は海外旅行よりも「帰省」を優先せんとする層が厚いらしい。これもまたさもありなん。世情である。
-----
ところで、そういった帰省列車や飛行機の中でたまらないのが、見ず知らずの子どもの泣き声や奇声である。すし詰めの中で聞くその高周波な騒音はこちらの疲労を倍増させ、苛つかせ、殺意さえ芽生えるかもしれない。
kiseikids
続きを読む

夏季限定!子連れに嬉しい♪新幹線ファミリー専用車両

familycars東海道新幹線ではこの夏、恒例の夏休み特別企画として、子連れファミリー専用車両を走らせる。期間は2011年7月16日(土)~8月31日(水)。ポイントは、子連れファミリー専用車両だから、子どもが騒いだりしてもまわりの乗客に気兼ねなく過ごせる点。また、申込人数にプラス1席が使えるので、大きな荷物があっても安心だ。

料金もお得で、東京・品川⇔新大阪の片道が13,200円(通常料金は14,050円)、こども5,900円(同7,020円)で、さらに新幹線駅売店などで使える1ドリンク引換券も付いている。たとえば大人2人・子供2人の家族4人の東京→新大阪片道合計なら、3,940円も割安だからこれは見逃せない。さらに電車大好きの“子鉄ちゃん”にはたまらない「新幹線シール」が乗車特典に付き、抽選でプラレールセットが当たったり、出発日限定での車内イベントとして車掌制服撮影会なども企画されている。
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク