待機児童の減少を目指して

大阪市の橋下徹市長が待機児童対策に乗り出す。大阪市では全国で初めて来年度から保育士らがマンションなどで少人数の乳幼児を預かる「保育ママ」を完全登録制とする方針だ。

これまでは待機児童が発生した分だけ募集する形式だった。しかし、いざ就職を考えても、保育園は職に就いていなければ預かってくれない。待機児童になることを恐れて再就職に踏み切れない母親は潜在的に多数いる。こうしたケースを少しでも減らすために、あらかじめ保育ママを確保しておく「バンク」の創設が、問題解消には有効と判断された。続きを読む