JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、警察庁と合同で実施した2013年の「シートベルト着用状況全国調査」をもとに、シートベルト着用の必要性をわかりやすく伝えるインフォグラフィック「シートベルト着用状況2013」を公開した。


こちらの情報によると、シートベルト着用率は全国平均で運転席・助手席ともに9割以上であったが、後部座席になると高速道路等で68.2%、一般道路に至っては35.1%と、依然として後部座席のシートベルト着用率が低いことが明らかになった。

続きを読む