MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

教育

アメリカの学校は賞だらけ! 学校や企業から大統領までが賞を出し、褒めて育ててやる気を引き出す?

9月から学校新年度が始まるアメリカ。ほとんどの学校は9月3日が登校初日だったらしく、私のFacebookのタイムラインは、親がアップした登校直前の小学生から高校生までの子どもの写真で埋め尽くされた。どの子も笑顔で楽しそうだ。


アメリカの学校には日本の学校と、あるいは今の親が通っていた頃の日本の学校とは違うことがいろいろあるが、なかでもアメリカの特徴とも言えそうなのが、数々の「賞」だろう。

賞を出すのは、学校、企業、政府、財団、軍隊などさまざま。
内容も学業成績、スポーツや芸術での成績、ボランティア活動など幅広く、1年に1度だけ受賞者を出すものから、1年に何度も受賞者を出すもの、奨学金がつくものなど、じつに多種多様だ。

続きを読む

子ども向け知育アプリが乱立の様相、事業者の思惑は?

昨年あたりから今年にかけて、子育て世代におけるスマホ&タブレット端末の普及に合わせるように、急速に開発競争とサービス乱立の様相に入った感のある、ここ最近の子ども向けアプリ市場。とりわけ「育児記録」そして「知育」を標榜したものが多い。

本稿では「知育」に関連するアプリからいくつかサービスを紹介したい。

まずは、アニメーションの童話や童謡を楽しむことができる「えほんであそぼ! じゃじゃじゃじゃん」。定番の童話を、紙芝居風や学芸会風など、子どもを飽きさせない新しい演出で制作しており、アニメを観るように名作童話やオリジナル童話を楽しむことができる。

また、おなじみの童謡も、子どもが真似できる楽しい振り付きで、現代風にアレンジしているのが特徴。


続きを読む

幼児教育は国全体の利益につながる格好の投資先

アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は先週、児童保護基金(Children’s Defense Fund)総会のビデオ演説で、幼児期の教育はきわめて重要で、幼稚園や保育園で良質な教育を受けることで、貧困が減少し、将来の所得増加や持ち家率が高まるとし、幼児教育への投資の必要性を訴えた。

続きを読む

仏幼稚園、Twitterでヨミカキ教える

フランスで、Twitterを使った幼児教育が始まった。ボルドー近郊の幼稚園や南西部タランスの幼稚園では、子どもたちがTwitterで毎日何をしたのかを報告しているという。

b2707be95b139d260d6aa14ce6770b38
続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク